【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

『自閉スペクトラム症』について|症状の特徴や、対応策など

自閉スペクトラム症とは、『社会性』、『コミュニケーション想像力』の部門に特徴があるほか、聴覚、あるいは嗅覚の過敏さが認められるケースもある症状の事を言います。自閉スペクトラム症はアスペルガー症候群などの『発達障害』の1つで、遺伝と環境の双方が関連付いて起こりますが、育てられ方が理由で起こるタイプではないというのが医学的な考えとなっている様です。

 

『自閉スペクトラム症』の症状

『社会性』の問題

自分と関わっている相手への興味が乏しい、相手の気持ちを理解するのが苦手。他人から関わられる発言や言動を嫌がる、感情の起伏が乏しい、または激しい等の特微かあります。

『コミュニケーション』の問題

冗談、または比喩が把握できず言葉通りに受け取ってしまったり、一方通行の発言で、会話が成り立ちにくいと考えられている様です。

 

相手の表情をはじめとして、顔を読むことが苦手などの特徴があるほか、セリフ口調になったり、逆に無機質な話し方だったりと、話し言葉が独特な人もいます。

『想像力』の問題

直接的に見えるモノ以外の事柄を推測したすることが苦手て、概念はもちろんの事、抽象的な事柄の理解が出来ないという特徴があります。

 

対話のなかで省略されている部分を予測することが苦手なので、常識をはじめとして、基本ルールが理解できないヒトと思われてしまいます。

 

 

その他の特有の症状

 

 

音、または痛み等の感覚が敏感(鈍感)のいずれかだったり、計算力、そして記億力など特異な能力が突出している等の個性があります。

 

自閉スペクトラム症の方たちは、生活に困難を抱えながらも外部からはその事を理解出来ないので発達の問題があることに気づかれにくい場合があります。

 

 

 

これまでそうした人たちは、『自分勝手』であるとか、『わがまま』『空気が読めないキツい人』等と言われ、ツラい生活をしてきています。

 

 

つらい思いをしているならば、適切に行動出来るよう対処法を考えたり、支援を受けることが必大事になると思います。

 

 

日常生活の困難が積み重なると、精神的にも尋常でない状況となり、その結果として新しい精神疾患を併発するなど、二次的な問題に結びつく可能性もあるためです。

 

『自閉スペクトラム症』の対応

 

急な変更に対応できない人は:

自閉スペクトラム症の人たちは、一定の法則に沿って行動する事で安心感を得と言われています。しかし、予期しないアレンジが起こると動揺してしまいます。

 

会話がうまくいかない人は:

『自閉スペクトラム症』の人たち症状がある人達の特徴としては、悪気なく思ったことをそのまま口に出したり、自分だけの興味があることを一方的に話し続けたりして、相手を怒らせたりすることが結構あります。傷つけるケースや失礼なことを言ってしまった時には、悪気がないことを添えて素直に謝りましょう。相手が怒っている理由がわからない場合もあるかもしれません。

 

 

空気を読むというスキルがない人は、俗に言うKYなのですが、そういった人は普通に居ます。病気だからといってそうではなく、人間のコミュニケーション不足という所も重要になるのです。ですので、そういったケースもあっても、気にせずに少しずつこなしていくという感じでとりおこなっていきましょう。

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

関連ページ

アスペルガー症候群なのかを自分で調べる方法
【まずはチェック!】自分がアスペルガー症候群かどうかを調べるチェックシートです。自分がアスペルガー症候群なのかが大体チェック出来ます。
アスペルガー症候群とはどういった病気?|症状や行動パターンなど
アスペルガー症候群について、どういった症状や特性があるのかを調べています。
ADHDとアスペルガー症候群の違い|行動などに僅かな違いがあります
ADHDとアスペルガー症候群の『共通点』と『相違点』についての記事です。
発達障害は遺伝する?特徴とADHDについての基礎知識
大人の発達障害の殆どがADHDと言われているのですが、ADHDの人はどういった人を言うのか?という部分について調べています。また、発達障害と遺伝の関係などについても書いています。
女性が抱える発達障害、月経前不機嫌症候群について
女性の発達障害は深刻で、生理などのホルモンの関係で男性とは違う苦しみがあります。
色々な発達障害について|発達障害の種類など
発達障害の代表的なモノ以外のモノも調べています。原因などについても調べています。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート2】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
女性の発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート3は女性です】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴4|どういった部分がダメなのか?
【パート4】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴5|どういった部分がダメなのか?
【パート5】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴6|どういった部分がダメなのか?
【パート6】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人が社会で孤立しない方法とは?
発達障害の人は、悪気がないのに人に不快な思いをさせてしまうことがあるので、孤立するというケースがあるようです。
発達障害が引き起こす合併症の種類について
大人の発達障害の場合、依存症などの各種合併症を引き起こす可能性が高いです。
発達障害が引き起こす、睡眠障害と様々な依存症について
発達障害が原因で、色々な依存症になる、または睡眠障害で悩む方が多いのですが、そういったところについて調べています。
発達障害はカミングアウトするべき?社会の適応の仕方と、パニックになった時の対処
発達障害は理解されにくい症状ですが、相手にカミングアウトする方がいいのか?メリットやデメリット、またパニックになった時の対策など。
女性のアスペルガー症候群の悩み|男性の発達障害の違いとパニック
女性のアスペルガー症候群の場合、女性にしか分からない悩みがあり、周囲が理解してくれない状況があります。
発達障害で自己否定を強く感じる時、家族で取り組める事など
自己否定が強くなるのも発達障害の特徴です。家族で出来ることなどを確認して取り組める様にする方法。
大人のADHDの症状、その対処法など
大人のADHDの症状と、その対処法等について調べています。
学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害についての特徴やそれぞれの問題点
発達障害の1つとして学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害というものがあります。
パニック症候群の方の症状、日常生活の暮らし方など
パニック症候群という症状は、突然息ができなくなったりしてツラい症状です。その改善の仕方とか、意識を持つ部分などについて。