【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

【体験談】依存症の治療方法|管理人は自宅で重度の依存を改善出来ました

こんにちわ、飯野です。ボクは『セックス依存症と出会い系サイト依存症』だったんですけど、家で依存症治療を出来ました。

 

 

>>管理人の依存症の歴史、、

 

 

ボク自身、特別に意志が強かった訳ではないですし、とんでもない男でしたので^^;、依存症治療はその気になれば、誰でも出来ると思います。

 

依存症 治療

 

依存症は精神的な病なので、薬や手術で治るというワケでありませんし、終わりのない病気です。

 

 

実際、ボクも、『セックス依存症と出会い系サイト依存症』でしたけど、未だに完治しているのか?と言われたら自信はないです^^;

 

 

病院の依存症の治療では、アルコール依存症が古く、最も発達しています。殆どの依存症の治療は、アルコール依存症の治療方法が基準です。

 

 

昨今実施されている治療方法は、

 

  1. 専門家による治療
  2. 依存者自身による治療

です。

 

専門家による依存症の治療

 

専門家というのは、ここでは医師だけではありません。臨床心理士等のカウンセラーなども専門家に含めます。

 

 

依存症は、内科的な治療を行う事が多く、入院治療といった措置が取られる事になります。

 

 

ニコチン依存症では、近頃では禁煙外来などが拡大しています。

 

 

酷い依存の治療法としては、生活習慣、周辺環境から隔離する必要があるので、入院措置が多くなり、メンタルケアが土台です。

 

 

精神的なケアは精神科です。状況によっては(鬱の症状等も併発している)薬の処方などもあると思います。医療機関なので、保険もききます。

 

 

原則的に対面における治療方針でしょう。カウンセリングも、1対1の治療方法ですが、薬の処方はなく保険はありません。これが精神科との大きな相違点となります。

 

 

料金は、地域とかセンター(カウンセラー)の支持率などによって、かなりばらつきがありますが、1回30分~50分前後で5千円~1万円位と考えられます。

 

離脱症状の治療

飲酒を辞めると、離脱症状が出ます。睡眠薬、あるいは抗不安薬を使って、離脱症状を軽減、阻止する事が可能です。

 

これでそれほど気張らずにアルコールを切る事が可能になります。

 

身体合併症の治療

アルコールの臓器毒性、栄養不足に影響を受け、身体の病気が生じます。胃腸や肝臓、脳神経など、その障害はほとんど全身に及びます。

 

その多く殆どは、断酒と薬で治す事が可能だと言われている様です。

 

精神療法

全ての依存症の回復において、抑うつやイライラ、自責、そして孤独感など、広範囲に及ぶ精神的トラブルが生じるケースが出ます。

 

かつ、服薬をいつまで継続するか、以前働いていた会社はどうするのかなど、ひとつひとつ考えなければならないケースも信じられないほど多数あります。

 

プライベートな問題に対しては、外来における診察となることが多いようです。

 

病気になったという事実をどう捉えるか

回復した症状がある人達は、『病気を乗り越えて正解だった。そうじゃなければ現実のような充実した生活はなかったであろう』と言います。

 

私も自分で乗り越えましたが、今、本当に取り組んでみて良かったと実感しています。

 

認知行動療法

モノの受け止め方、そして考え方の事を『認知』と言います。緊張感やストレスを体験すると『認知』に歪みが出だして、正常にジャッジできなくなるケースがあり、結果として、自分自身をコントロールする事が出来なくなります。

 

認知行動療法の場合は、その『認知』の歪みなくし、緊張感やストレスが見られたとしても、通常の思考が出来るようになる治療を行う様です。

 

アンガ―マネジメント

怒りの感情を上手にコントロールする治療もあるようです。イライラをはじめ、怒りの気持ちを放置すれば、その状況を解消しようという形でお酒やギャンブルに手を出すことも考えられます。

 

感情をコントロールする事で、その様な欲求を制御出来るような治療もあるようです。

 

条件反射制御法

『辞めたい』『辞めなければダメだ』と把握していても、今日この頃まで経験してきたような条件が整った際、お酒を飲みたいと言う様な願望がアップすることも考えられます。

 

条件反射制御法という治療で、そうしたケース下でも、お酒等の依存症を制御する治療法がある様です。

 

全ての依存症の治療の完治というものはどういった事を指す?

 

どんな依存症でも『完治する』という意味は、どういう事を言うのでしょうか。おそらく依存対象とうまく付き合える様になる事だと思います。

 

 

アルコール依存症の例で言えば、一旦アルコール依存症になった人は、二度とアルコールと付き合う事は出来ないのだそうです。

 

 

アルコール依存症、ギャンブル依存症等は『コントロールの障害』だからです。『酒量のコントロールが出来なくなる障害』『ギャンブルにつぎ込むお金がコントロールできなくなる障害』と言う意味です。

 

 

依存対象に接触しなければ、依存症者は依存症になってしまう以前と一緒の状態まで良くなる事が出来ます。全ての依存症にとって、治療は『回復』に至る道のりと言えるでしょう。

 

 

全ての依存症で当てはまるとは限りません。

 

 

多種多様な多くの依存症があり、程度も多岐にわたるので、明確には言えません。例外となる依存症者も多数いると思います。

 

 

しかしながら、全ての依存症が、コントロール出来る100%で取り戻す、といった形で『完治』するのは困難だと言われています。

 

依存者自身による治療

 

依存症 治療

 

ボクのように自分で自宅で『依存症7日間短期改善プログラム』を使って、依存症治療をするという方法もあります。

 

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。


依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。

根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。

  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。


今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。


ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

 

上記の様に、ボクは酷い依存症でしたが、結局一人で治すことが出来たのも、自宅でしっかりと依存症と向き合ったからだと思っています。

 

 

『依存症7日間短期改善プログラム』ですが、一人で出来るというのがいいですね。騙されたと思って、、、まず試してみたのが始まりです。薬で定期的に治療費がかかる事も無いですし、機械、そして器具等を買う必要もないです。

 

 

自宅でたった一人ですぐに出来るのが魅力だと思います。

 

 

そのため、外に出るのが嫌だと言う様な方であっても大丈夫ですし、長期間にわたって受診料、または薬代かかるといったこともありませんから、金銭の負担なく全ての依存症を改善する事が出来てしまいます。

 

 

多くの依存症は、アルコール依存と薬物依存が併発したり、ネット依存と精神分裂、そして買い物依存と借金問題など、結果として重症化すると、多種多様なトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

 

家で出来る依存症治療

 

『依存症7日間短期改善プログラム』は、自分自身で全ての依存症を解決する為に要求される情報が散りばめられていますが、

 

イキナリ依存欲求に襲われたケースの対応策

 

 

依存症が改善してきたと思ってても、何かのタイミングによって、強烈な欲求が出てきて、もう一度依存していたモノに手を出すという様な事が多くあります。

 

 

こんなタイミングで、依存欲求をキープする為の、すぐ使えて有効なメソッドについても書いています。

 

 

自分自身で自宅で一人で出来る事ですので、何かの道具をいつも持っていなければいけないなど、面倒な事はないです。

 

食事療法

 

『わたしたちの体、神経のすべては脳の命令によって働いている』という事は基本的な考えです。

 

 

脳、それに加え自律神経が間違いなく働いてこそ、『目覚める』『夜になれば眠る』『体のなかでいらないモノは外に出す』『幸せだ』『嬉しい』『おなかがすいた』等々のコトが反応するのです。

 

 

全ての依存症の場合でも同じです。

 

 

緊張感やストレスに対しての『がんばろう』と言う様な気持ちも能が出来事に反応するから「頑張ろう!」と思えます。

 

 

脳や自律神経の働きが整っていれば『オレなんてどうでもいいや』あるいは『お酒ばかり飲めばいい』と自暴自棄になりません。

 

 

「正常にさせる食事」もあるし、その反対に『脳の働きを狂わせる食事』も存在します。

 

 

たったの食事で…と考えるかもしれませんが、風邪、糖尿病、病気では食事を管理します。それと一緒で、食事を変える事は全ての依存症改善に対しても効果のある方法です。

 

 

脳と自律神経を正常に活動させる食事、脳の働きを狂わせる食事。知ることで、体の土台からどんな依存症でも改善できる可能性が高くなります。

 

認知療法でどんな依存症でも完治させる

 

『コップに水が半分入っている』と言う真実において、二つの受け止め方がありますが、半分だけしかという考えと、半分もという考えがあります。

 

 

事実に対してどう受け止めるかを『認知』と総称すると言う理由で、 『認知療法』と呼ばれています。事実の受け止め方を変えるトレーニングで、症状を完治させるワークとなります。

 

 

『依存症7日間短期改善プログラム』では、認知の矯正だけではなく、現実的に数多く存在する依存症を乗り越えて、行動に移せるようになるまでを、具体的な例と一緒に解説してくれています。

 

 

認知を矯正し、その上行動療法まで行い、高確率で色々な依存症を克服するやり方です。

 

依存症治療を出来た先まで100%分かる

 

自信がない、目標を立てても3日坊主で終わる、いつも不安、何の能力も持ってない。

 

 

あなた自身の弱いポイントを心の底から追い出し、目的に対して進んでいける方法を『依存症7日間短期改善プログラム』では知ることが出来ます。

 

アルコール依存症治療で使われる薬など

 

アルコール依存症の基本的な治療法は断酒です。

 

 

そうは言っても、自分自身で飲酒をコントロールするのは大変困難な事ですので、ノックビン、シアナマイドといった抗酒剤を服用し、一時的にお酒を飲めない治療法があります。

 

 

アルコール依存症によって使われる治療薬は?

抗酒剤に含まれる『アルテヒド』という物質で、お酒を受けつけない体質を作る治療法があります。

 

アセトアルデヒドとは、二日酔いの不快な症状を引き起こす物質の事です。

 

抗酒剤を飲む治療法は、このアセトアルデヒドを体内に溜め、めまい、嘔吐等々の症状を引き起こし、アルコールを飲みたくない状況を引き起こします。

 

ニコチン依存症とその治療

 

『厚生労働省は、来年度の診療報酬改定で、20歳代のニコチン依存症の患者を対象にした禁煙治療に保険適用する方針を決めた。』

 

 

というニュースがありました。診療報酬が支払われる禁煙治療の算定方法も、現行よりも若い世代の治療をバックアップするという事です。

 

 

タバコは女性ホルモンの分泌を制御する為に、肌のツヤや張りが不足して、シワや吹き出物が出やすくなるそうです。

 

 

なおかつ、長い期間多くの本数を吸い続けていると、これが肌表面に定着し、その結果として『タバコ顔』をつくりあげてしまうのです。

 

 

ニコチンは胃の働きを低下させ、そして心臓とか血管など体全体に悪影響を及しますが、それよりも怖いのが依存症を引き起こす事です。

 

 

私はタバコを辞めましたが、年齢よりもかなり若く見られます。

 

依存症治療の前に、自宅で自己治療をしてみませんか?

 

ボクもかなり重度の依存症でしたので、自宅で治療出来た方法を、取り敢えず皆さんにも知って欲しいと思います。

 

 

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

関連ページ

依存症とは?依存症の種類など、そしてどういった時に起こるのか?
依存症はどういったケースで起こるのか、また種類など。そういった部分について説明していきます。
依存症の種類、そしてその考え方|解決の仕方はある?
依存症の種類、そしてどういった人が依存症になるのか。そういった部分をしっかりと知っておく必要があると思います。
アルコール依存症、買い物依存症など、定番の依存症の原因や解決例
依存症といえば、買い物依存症、またはパチンコ依存症などがありますが、ケースごとの解決方法やどういった場合に依存症が起こるのかについて書いていきたいと思います。
ホスト依存症の女性が多い理由|お金も持って満たされている女性がなぜホストにハマるのか?
ホストにハマる女性が多いのはなぜでしょうか?若い女性、ある程度の地位がある女性がなぜホストにハマるのか、、依存症の闇ですよね。
男性、女性、性別でかかりやすい依存症|依存症は性別の違うはある?
依存症は性別での違いはあるのか?違いについて説明して行きたいと思います。
依存症の種類について|良い依存と悪い依存について
依存症には良い依存と悪い依存というものがあります。良い依存というのは心の安定を図るものであり、悪い依存というのは心の弱さを助長するものだと思っています。
なぜ依存症は起こるのか?寂しさを埋めて安心感を得る
依存症が心の病気です。とてつもない寂しさや、どうしようもない心の隙間を埋めたいと思うことから色々なものに依存をしてしまいます。
依存になるコントロール障害について。自分自身の思考や行為をコントロール出来ない
自分の感情をコントロールする事が出来ないコントロール障害というのは、依存の始まりと言われています。
依存症の種類は3種類|人、プロセス、物質に対する依存があります
依存は3種類あると言われています。人への依存、プロセスへの依存、物質に対する依存です。
依存症は自分の問題だけ?|家族や周囲を巻き込む依存症の危険性について
依存症は自分だけの問題ではなく、家族や大事な人、或いは周囲の人間まで巻き込む非常に面倒なモノになります。
なぜ依存症は起こりやすいのか?|現代社会で依存症が起こりやすい環境について
現代社会では依存症が非常に起こりやすい環境であると言われています。なぜこのような環境になっているのでしょうか?ストレス社会な依存症を増やしていると言われており、どのような方でも依存症になりやすい社会環境だといえるでしょう。