【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害についての特徴やそれぞれの問題点

発達障害 自己否定

 

学習障害とは、知能の部分には明らかな問題がなく、目も見え、耳も聞こえているのに、『聞く』『話す』『読む』『書く』『計算する』『推論する』の1つ以上に弊害がある状態をいいます。英語では『Learning Disorders』といい、略した『LD(エルディー)』と言う様な呼び方が一般的には認知があります。

 

『学習障害』の症状

 

学習障害には、以下の様な問題があると言われています。軽度、重度、また、それぞれの症状が合併している事もありますので、個人により様々な症状や問題があります。

 

『聞く』ことの問題

話された言葉が『単語レベルや文章レベル』で認識できない。しかし、文字で示されると分かる。その他、複雑な文章の聞き取りが出来ない、単語の聞き誤りが多い、といったケースです。

『話す』ことの問題

『順序立てて伝えるという事が出来ない』『余分な事が混じった文章を話す』『同じ内容を、別の言い回しで話せない』等のケースです。

『読む』ことの問題

『誤った発音をする』『文章の文字、更には単語を抜かして読む』等のケースです。

『書く』ことの問題

『誤った文字を書く』『単語の中に間違った文字が混じる』『文法的な誤りの多い文章を書く』といったケースです。

『計算する』ことの問題

『数値の位、あるいは繰り上がり、繰り下がりが理解できない』『九九を暗記しても計算に使えない』『暗算が出来ない』などのケースです。

『推論する』ことの問題

『長文読解が苦手』『直接示されていないことを推測するのが苦手』『文脈を理解できない、または苦手』等のケースです。

 

学習障害の診断は計画的に行われる必要があると言われています。生活支援としては、

  • ワープロを使って書く
  • 電卓を使って計算する
  • カメラを使って記録する

等、それぞれの症状に対応するツールを利用することで、困難を補っていきます。

 

心の病気と間違えられたり、育てられ方などが原因ではないかと誤解されやすい場合もありますが、『発達障害』(アスペルガー症候群、ADHDなど)の1つです。

 

 

広汎性発達障害とは

広汎性発達障害とは、自閉症、アスペルガー症候群というものを含む総称となります。『社会性』『コミュニケーション』、『想像力』の分野に特性があるほか、聴覚をはじめとして、嗅覚の過敏さが認められるケースもあると言われています。

 

コチラも心の病気と間違えられることもありますが、『発達障害』(アスペルガー症候群、ADHDなど)の1つであり、育てられ方などが原因となることはないと言われています。

 

『広汎性発達障害』の症状

 

『社会性』の問題

他人に対する注意が乏しい、相手の気持ちを把握するのが苦手、人から関わられる発言や言動を嫌がる、他人への関わり方が一方的、といった特徴かあります。

『コミュニケーション』の問題

冗談とか比喩か理解できず言葉通りに受け取ってしまったり、自分自身の興味のある事を一方的に話したりするため、コミュニケーションが成り立ちにくいです。加えて、言いつけが理解できない、相手の表情をはじめとして、場を読むことが苦手等の特徴があるほか、セリフ口調を始めとする、気持ちのこもらない話し方など、話し言葉が独特な人もいます。

『想像力』の問題

目の前に無いモノや、実際にない事柄を想像したりすることが苦手で、概念はもちろん、抽象的な事柄の理解が困難という特性があります。また、会話のなかで省略されているポイントを推測する事が苦手なので、常識はもちろん、基本ルールが分からない人と思われがちです。

 

その他の特有の症状として、音や痛みなどの感覚が敏感、または鈍感であったり、計算力、または記憶力など特異な能力が突出しており、その結果として知的機能がアンバランスになるなどの特徴があると言われています。

 

 

広汎性発達障害の方たちは、生活に困難を抱えながらも外からはそれが理解されにくいため、気づかれにくい場合があります。

 

これまでそうした方たちは『わがままで自分勝手』であるとか、『空気を読まない』などと言われ、苦しい思いをしてきました。

 

 

『広汎性発達障害』の対応

 

急な変更に対応出来ない人は

広汎性発達障害の人は、一定の法則通りに行動する事で安心感を伺られますが、予期しない変化が起こると動揺してしまうようです。よって、予定などの突発的な変更には対応が不可能なのです。これに関しては、あらかじめ予定の時間割表を作っておくことが効果的です。

 

予定の修正があったときにはその修正分を移動させて新規の予定をそこにはめこむことで、目でチェックして新しいパターンが理解でき、見通しがもちやすくなります。

会話がうまくいかない人は

広汎性発達障害の人は、悪気なく、思った事をそのまま口に出したり、自分だけの興味があることを一方的に話し続けたりして、相手がついていけない事があります。

 

予防は不可能な場合があるので、相手を怒らせてしまったときの対応策を考えるのが現実的でしょう。

 

傷つける状態や失礼なことを言ってしまった場合は、悪気がないことを添えて素直に謝る事が大事です。相手が怒っている原因が理解できない場合は、周りの人に相手が怒った原因を解説してもらってもよいでしょう。興味があることを沢山話したい人は、一緒の趣味の仲間を見つける事が解決策になる場合もあると思います。

 

限局性学習症とは

限局性学習症とは、知能には明らかな問題かなく、目も見え、耳も聞こえているのに、『読む』『書く』『計算する』等といった学習技能のいずれか1つ以上がうまくてきない状態をいいます。英語では『SpecifXc Leaming Disorders』といいます。

 

『限局性学習症』の症状

 

『読む』ことの問題

『誤った発音をする』『文章の文字や単語を抜かして読む』『読んでいるものの意味を把握することが難しい』などのケースです。

『書く』ことの問題

『誤った文字を書く』『単語の中に間違った文字が混じる』『文法的な誤りの多い文章を書く』などの状態です。

『計算する』ことの問題

『数の感覚、計算の正確さに困難がある』『数学的推理の正確さに困難がある』などのケースです。

 

限局性学習症の診断は非常に慎重に行われることが要求されます。

 

  • パソコンを使う
  • 電卓を活用する
  • カメラで記録する

 

など、それぞそれぞれの症状に合わせてツールを使う事で補う事が可能です。

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

関連ページ

アスペルガー症候群なのかを自分で調べる方法
【まずはチェック!】自分がアスペルガー症候群かどうかを調べるチェックシートです。自分がアスペルガー症候群なのかが大体チェック出来ます。
アスペルガー症候群とはどういった病気?|症状や行動パターンなど
アスペルガー症候群について、どういった症状や特性があるのかを調べています。
ADHDとアスペルガー症候群の違い|行動などに僅かな違いがあります
ADHDとアスペルガー症候群の『共通点』と『相違点』についての記事です。
発達障害は遺伝する?特徴とADHDについての基礎知識
大人の発達障害の殆どがADHDと言われているのですが、ADHDの人はどういった人を言うのか?という部分について調べています。また、発達障害と遺伝の関係などについても書いています。
女性が抱える発達障害、月経前不機嫌症候群について
女性の発達障害は深刻で、生理などのホルモンの関係で男性とは違う苦しみがあります。
色々な発達障害について|発達障害の種類など
発達障害の代表的なモノ以外のモノも調べています。原因などについても調べています。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート2】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
女性の発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート3は女性です】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴4|どういった部分がダメなのか?
【パート4】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴5|どういった部分がダメなのか?
【パート5】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴6|どういった部分がダメなのか?
【パート6】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人が社会で孤立しない方法とは?
発達障害の人は、悪気がないのに人に不快な思いをさせてしまうことがあるので、孤立するというケースがあるようです。
発達障害が引き起こす合併症の種類について
大人の発達障害の場合、依存症などの各種合併症を引き起こす可能性が高いです。
発達障害が引き起こす、睡眠障害と様々な依存症について
発達障害が原因で、色々な依存症になる、または睡眠障害で悩む方が多いのですが、そういったところについて調べています。
発達障害はカミングアウトするべき?社会の適応の仕方と、パニックになった時の対処
発達障害は理解されにくい症状ですが、相手にカミングアウトする方がいいのか?メリットやデメリット、またパニックになった時の対策など。
女性のアスペルガー症候群の悩み|男性の発達障害の違いとパニック
女性のアスペルガー症候群の場合、女性にしか分からない悩みがあり、周囲が理解してくれない状況があります。
発達障害で自己否定を強く感じる時、家族で取り組める事など
自己否定が強くなるのも発達障害の特徴です。家族で出来ることなどを確認して取り組める様にする方法。
大人のADHDの症状、その対処法など
大人のADHDの症状と、その対処法等について調べています。
『自閉スペクトラム症』について|症状の特徴や、対応策など
発達障害には『自閉スペクトラム症』というものがあるのですが、特徴を理解して改善する事で、日常生活がしやすくなっていきます。
パニック症候群の方の症状、日常生活の暮らし方など
パニック症候群という症状は、突然息ができなくなったりしてツラい症状です。その改善の仕方とか、意識を持つ部分などについて。