【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

発達障害はカミングアウトするべき?社会の適応の仕方と、パニックになった時の対処

発達障害はカミングアウトするべき?社会の適応の仕方と、パニックになった時の対処

 

アスペルガー症候群やADHD等の『発達障害』の方は、やはり実生活、仕事をする際、色々なトラブルは仕方がないかもしれません。でも、仕事をしないと食べていけないというジレンマもあると思います。失敗やトラブルはまわりの人の協力で乗り切りましょう。

 

 

発達障害がある方は、仕事を始めたりした場合、失敗の連続、仕事がたまるとどこから手をつけていいかわからない、となると、自分か好きになれずに落ち込む事もあるかもしれません。

 

 

しかし、自分自身の言動に気づき、そして見つめ直して現実を認めると、気が滅入ることがなくなってきます。根本が意欲的になっていくと、世の中に適応できるようになっていきます。

 

周囲の人には、バックアップはもちろん、助けを求めて分かってもらいましょう。アスペルガー症候群やADHD等の『発達障害』であることを教えて協力してもらうことがベストです。しかし、カミングアウトするケースでは、そのメリットとデメリットをよく考えて注意深く行いましょう。

 

カミングアウトするメリット

 

  • 周囲の人にバックアップしてもらえる。
  • 失敗があっても大問題に発展しない

 

カミングアウトするデメリット

 

  • 障害がある、と言う理由で偏見を持たれる
  • 最初から重要なポストにおいてもらえない
  • 周囲の人に理解と配慮を求める

好奇な目で見られるという部分もあるかもしれませんが、基本的に自分の弱点を相手に伝え、それを理解してもらうという事は大事だと思います。発達障害であることを周囲の人に理解してもらうと、落ち込むことがなくなっていきます。

 

生活の中のトラブルなくし、迷惑をかけずに快適に暮らすには?

職場では、混乱しないように1つずつ業務をこなし、パニックにならないようにするといいでしょう。時間が守れない人は、携帯電話のアラームを使ったり、周囲に迷惑でなければキッチンタイマーとかICレコーダーなどを活用したりして対応しましょう。

 

 

時間ギリギリの行動を避け、いつでも10分前を日指していきます。待ち合わせの場所などは、ネットで前もって調べましょう。忘れ物をしがちな人は、重要なものを自分自身の身にくっけておくのがいいでしょう。

 

コミュニケーション上手になって楽しく過ごす

相手の態度とか表情から、気持ちをくみ取る練習をしましょう。

 

 

相手がいきなり怒りだしたりしたら、原因が自分にあるのではないのかという部分も考えてみます。

  • 強引に話しすぎた
  • 気に障ることをいった
  • 相手の話を聞いていなかった

などの原因があることは間違いありませんから、発達障害の自分の特性を話しておきましょう。そして、まずは謝ること

 

 

何かを主張するときは相手の意見も聞くようにし、双方のよいところを採用するといいのです。

 

 

人の話をさえぎって意見をいったり失言したりしないよう、余計なことをいわないクセをつけるのも人間関係を築くには大事なことです。沈黙は「金」という言葉もあります。聞き上手になるには、笑顔で相づちを打ちながら聞き、相手を否定しないのがコツです。

 

 

しなくてはダメな事はメモを取ります。自分自身の価値観で相手を批判しない、相手の良い点は褒めるなど、注意点を覚えておきましょう。

  • スケジュールを管理する
  • 自分専用の仕事マニュアルで管理
  • 仕事はひとつずつ順番に片づける。
  • 携帯電話のアラームなどを使って時間の管理をする。
  • 忘れそうなものは、置き場所を決めておくことを習慣づける。
  • 明日の持ち勧は玄関や自室の出入り口に置く。
  • 大事なものは体からはなさない。
  • 人を怒らせたらすぐに謝る。
  • 相手の気持ちを察することを観察して学ぶ
  • 依頼の仕方、断り方を覚える
  • いきなり相手に話しかけたり意見をいったりしない
  • 得意とか不得意を周囲にわかってもらう
  • 連絡や指示、大事なことは必ずメモを取る
  • よく使う言葉はリスト化しておく
  • 自分自身の価値観だけで人を判断しない
  • 会話、服装、食事のマナーを覚える

 

普通の人からしたら、『そんな当たり前な事を、、、』と思われるようなこともあるかもしれませんが、自分のミスをなくす、そして自分が働きやすい様にするという気持ちがあれば、しっかりと対応する事が大事です。

 

パニックになった時の対処法を覚えると便利

人から叱られたり、状況が急変したりするとパニックを起こす人がいます。

 

 

大声を出したり固まって動けなくなることもあるでしょう。そうした場合、ひとりになってクールダウン可能な場所を確保し、気持ちが落ち着くまでジッとしていましょう。

 

 

パニックになりそうな予感がしたら、まずは心を静めることです。職場の人はもちろんの事、家族には協力してもらい、落ち着ける場所に連れていってもらいます。

 

 

また、常におだやかに話してもらい、変更事項は早めに知らせてもらえるよう、お願いしておきましょう。感情が不安定なのは『発達障害』(アスペルガー症候群、ADHDなど)の症状なので仕方ないことです。パニックの原因は落ち着いてからあなた自身で確認すればいいので、悩んだりする必要はありません。

 

  • 行うことを具体的に指示してもらう。
  • スケジュールはもちろん、場所の変更は、あらかじめ具体的に伝えてもらう。
  • パニックになった場合の、ひとりになれる場所を確保しておく。
  • トイレで顔を洗う
  • 個室に入ってゆっくり深呼吸をする。
  • ひとりで時間を掛けてコーヒーやお茶を飲む。

 

 

アスペルガー症候群やADHD等の『発達障害』の方は、やはり実生活、仕事をする際、色々なトラブルは仕方がないかもしれません。でも、仕事をしないと食べていけないというジレンマもあると思います。失敗やトラブルはまわりの人の協力で乗り切りましょう。

 

 

発達障害がある方は、仕事を始めたりした場合、失敗の連続、仕事がたまるとどこから手をつけていいかわからない、となると、自分か好きになれずに落ち込む事もあるかもしれません。

 

 

しかし、自分自身の言動に気づき、そして見つめ直して現実を認めると、気が滅入ることがなくなってきます。根本が意欲的になっていくと、世の中に適応できるようになっていきます。

 

周囲の人には、バックアップはもちろん、助けを求めて分かってもらいましょう。アスペルガー症候群やADHD等の『発達障害』であることを教えて協力してもらうことがベストです。しかし、カミングアウトするケースでは、そのメリットとデメリットをよく考えて注意深く行いましょう。

 

カミングアウトするメリット

 

  • 周囲の人にバックアップしてもらえる。
  • 失敗があっても大問題に発展しない

 

カミングアウトするデメリット

 

  • 障害がある、と言う理由で偏見を持たれる
  • 最初から重要なポストにおいてもらえない
  • 周囲の人に理解と配慮を求める

好奇な目で見られるという部分もあるかもしれませんが、基本的に自分の弱点を相手に伝え、それを理解してもらうという事は大事だと思います。発達障害であることを周囲の人に理解してもらうと、落ち込むことがなくなっていきます。

 

生活の中のトラブルなくし、迷惑をかけずに快適に暮らすには?

職場では、混乱しないように1つずつ業務をこなし、パニックにならないようにするといいでしょう。時間が守れない人は、携帯電話のアラームを使ったり、周囲に迷惑でなければキッチンタイマーとかICレコーダーなどを活用したりして対応しましょう。

 

 

時間ギリギリの行動を避け、いつでも10分前を日指していきます。待ち合わせの場所などは、ネットで前もって調べましょう。忘れ物をしがちな人は、重要なものを自分自身の身にくっけておくのがいいでしょう。

 

コミュニケーション上手になって楽しく過ごす

相手の態度とか表情から、気持ちをくみ取る練習をしましょう。

 

 

相手がいきなり怒りだしたりしたら、原因が自分にあるのではないのかという部分も考えてみます。

  • 強引に話しすぎた
  • 気に障ることをいった
  • 相手の話を聞いていなかった

などの原因があることは間違いありませんから、発達障害の自分の特性を話しておきましょう。そして、まずは謝ること

 

 

何かを主張するときは相手の意見も聞くようにし、双方のよいところを採用するといいのです。

 

 

人の話をさえぎって意見をいったり失言したりしないよう、余計なことをいわないクセをつけるのも人間関係を築くには大事なことです。沈黙は「金」という言葉もあります。聞き上手になるには、笑顔で相づちを打ちながら聞き、相手を否定しないのがコツです。

 

 

必要なことはメモを取ります。自分の価値観で相手を批判しない、人の長所は褒めるなど、注意点を覚えておきましょう。

  • スケジュールを管理する
  • 自分専用の仕事マニュアルで管理
  • 仕事はひとつずつ順番に片づける。
  • 携帯電話のアラームなどを使って時間の管理をする。
  • 忘れそうなものは、置き場所を決めておくことを習慣づける。
  • 明日の持ち勧は玄関や自室の出入り口に置く。
  • 大事なものは体からはなさない。
  • 人を怒らせたらすぐに謝る。
  • 相手の気持ちを察することを観察して学ぶ
  • 依頼の仕方、断り方を覚える
  • 出し抜けに話しかけたり意見をいったりしない
  • 得意、不得意を周囲にわかってもらう
  • 連絡や指示、大事なことは必ずメモを取る
  • よく使う言葉はリスト化しておく
  • 自分の価値観だけで人を判断しない
  • 会話のマナーを覚える
  • 服装のマナーを覚える
  • 食事のマナーを覚える

 

普通の人からしたら、『そんな当たり前な事を、、、』と思われるようなこともあるかもしれませんが、自分のミスをなくす、そして自分が働きやすい様にするという気持ちがあれば、しっかりと対応する事が大事です。

 

パニックになった時の対処法を覚えると便利

人から叱られたり、状況が急変したりするとパニックを起こす人がいます。

 

 

大声を出したり固まって動けなくなることもあるでしょう。そうした場合、ひとりになってクールダウンできる場所を確保し、気持ちが落ち着くまでジッとしていましょう。

 

 

パニックになりそうな予感がしたら、とにかく心を静めることです。職場の人や家族には協力してもらい、落ち着ける場所に連れていってもらいます。

 

 

また、常におだやかに話してもらい、変更事項は早めに知らせてもらえるよう、お願いしておきましょう。感情が不安定なのは発達障害の症状なので仕方ないことです。パニックの原因は落ち着いてから自分で確認すればいいので、悩んだりする必要はありません。

 

  • やるべきことを具体的に指示してもらう。
  • スケジュールや場所の変更は、あらかじめ具体的に伝えてもらう。
  • パニックになったときの、ひとりになれる場所を確保しておく。
  • トイレで顔を洗う
  • 個室に入ってゆっくり深呼吸をする。
  • ひとりでゆっくりコーヒーやお茶を飲む。

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

関連ページ

アスペルガー症候群なのかを自分で調べる方法
【まずはチェック!】自分がアスペルガー症候群かどうかを調べるチェックシートです。自分がアスペルガー症候群なのかが大体チェック出来ます。
アスペルガー症候群とはどういった病気?|症状や行動パターンなど
アスペルガー症候群について、どういった症状や特性があるのかを調べています。
ADHDとアスペルガー症候群の違い|行動などに僅かな違いがあります
ADHDとアスペルガー症候群の『共通点』と『相違点』についての記事です。
発達障害は遺伝する?特徴とADHDについての基礎知識
大人の発達障害の殆どがADHDと言われているのですが、ADHDの人はどういった人を言うのか?という部分について調べています。また、発達障害と遺伝の関係などについても書いています。
女性が抱える発達障害、月経前不機嫌症候群について
女性の発達障害は深刻で、生理などのホルモンの関係で男性とは違う苦しみがあります。
色々な発達障害について|発達障害の種類など
発達障害の代表的なモノ以外のモノも調べています。原因などについても調べています。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート2】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
女性の発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート3は女性です】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴4|どういった部分がダメなのか?
【パート4】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴5|どういった部分がダメなのか?
【パート5】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴6|どういった部分がダメなのか?
【パート6】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人が社会で孤立しない方法とは?
発達障害の人は、悪気がないのに人に不快な思いをさせてしまうことがあるので、孤立するというケースがあるようです。
発達障害が引き起こす合併症の種類について
大人の発達障害の場合、依存症などの各種合併症を引き起こす可能性が高いです。
発達障害が引き起こす、睡眠障害と様々な依存症について
発達障害が原因で、色々な依存症になる、または睡眠障害で悩む方が多いのですが、そういったところについて調べています。
女性のアスペルガー症候群の悩み|男性の発達障害の違いとパニック
女性のアスペルガー症候群の場合、女性にしか分からない悩みがあり、周囲が理解してくれない状況があります。
発達障害で自己否定を強く感じる時、家族で取り組める事など
自己否定が強くなるのも発達障害の特徴です。家族で出来ることなどを確認して取り組める様にする方法。
大人のADHDの症状、その対処法など
大人のADHDの症状と、その対処法等について調べています。
学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害についての特徴やそれぞれの問題点
発達障害の1つとして学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害というものがあります。
『自閉スペクトラム症』について|症状の特徴や、対応策など
発達障害には『自閉スペクトラム症』というものがあるのですが、特徴を理解して改善する事で、日常生活がしやすくなっていきます。
パニック症候群の方の症状、日常生活の暮らし方など
パニック症候群という症状は、突然息ができなくなったりしてツラい症状です。その改善の仕方とか、意識を持つ部分などについて。