【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

発達障害の人の特徴4|どういった部分がダメなのか?

アスペルガー症候群 症状

 

発達障害の行動パターンについてです。以下詳細となります。

独自のコダワリが強い|自分の興味があることだけに熱中します

ごく限られた物事に集中し、そしてそれに時間とかお金をかけて没頭します。

 

オタク的にのめり込むパターンが多いのは、電車、車とか、地図、そして時刻表、歴史、漢字などで、その分野の知識を幅広く知ろうとしたり、コレクションに全力を挙げたりします。

 

この他には、自分自身で決めた習慣をはじめとする、手順、順番などに半端ないこだわりを持ち、そして変化を嫌います。

 

日頃の通勤路が通れなかったり予定がいきなり変わったりすると、、そのせいでパニックを起こすことも考えられるそうです。

 

安心できる自分だけの架空世界、脳内空間に入ると現実に戻れないこともあって、ゲームをはじめとして、ギャンブルにドップリとハマる人もいるとされています。パソコンは勿論の事、ゲームにのめり込み、自室をでてこなかったりひきこもり状態に陥ったりする人もたくさんいます。好きな本を読んでいると何も耳に入らなくなってきます。

 

こだわりのある人にあっている職務

  • 技能職
  • 学者
  • 研究者
  • 専門的な知識が応用できる仕事

 

こだわりのある人にあっていない職務

  • 書類の管理仕事
  • お金の管理の仕事
  • コミュニケーションを必要とする仕事
  • 失敗したとき大きなリスクがある仕事
スポーツをはじめとする手先の運動が上手に出来ない

手先の作業が上手にいかず運動も苦手です
アスペルガー症候群をはじめとする自閉症の人には、協調運動をつかさどる小脳の発達が未熟な例が多く見受けられると言われています。

 

そのため、その結果として手足を協調させる運動が苦手で、縄跳び、ボール投げとか、体操などが上手にできません。

 

スポーツのルールが把握できないこともあり、そのルールを別の事にあてはめるのも苦手です。独特な歩き方、そして走り方をするため、子供時代にはからかわれたりしたこともあるでしょう。

 

発達障害の人の動きの特徴

 

  • つま先歩きやヒザを曲げたまま歩いたりする
  • 動作がぎこちなくてあやつり人形みたいに見える
  • 歩行に合わせて腕を振るという事ができない

『発達障害』(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人は子供時代に、縄跳びとかボール投げなどが不得意な事が多いでしょう。また、手先が不器用で箸が上手に使えず、結果として折り紙やハサミ、ひも結びなどのような綿密な作業も上手にできません。

 

箸やハサミが上手に使えず、絵はもちろん、字を書くのにも支障がでるケースもあります。

過敏、鈍感などの感覚異常があります

五感のある部分が過敏、あるいは鈍感です。

 

味覚とか嗅覚にこだわりが強く、食べ物には数多く好き嫌いがあります。

 

極端な偏食の人もいると思われます。また、触覚や、聴覚が過敏で、他人から触られる行動に敏感だったり、シャワーのお湯を針に刺されているかのごとく感じたりします。

 

しかしその反面、自傷行為に対しての痛みには鈍感な人もいて、リストカットを何度も行うこともあります。聴覚が過敏な人は、特定種類の音を嫌がります。運動会のピストルの音とか、赤ちゃんの泣き声、それに犬の声などが苫手な人もいるでしょう。

 

騒がしいところにいると、落ち着かなくなったり不機嫌になったりする人も数多く、ストレスのせいでパニック状態になってしまうこともあります。

 

視覚が過敏な人は、日光はもちろん、室内の照明の光が必要以上に気になります。あるいは、想像以上に疲れているのにそのことを感じない人、睡眼時間がちょっとなのに眠くならない人などがいます(実際、僕がそうです^^)。。

 

 

視覚過敏の人はサングラスを持ち歩きましょう。耳栓を使うのもいいでしょう。触覚過敏の人は無理に握手など要求されないよう、予め自分自身の苦手なことを働き場所の人にわかってもらいましょう。

 

疲れているのに気づかずがんばりすぎると、欲求不満のせいでうつ病などにかかってしまうケースも考えられます。嗅覚過敏の人はマスクを使ったりして対応しましょう。

事故を起こしやすい傾向があります

衝動性が危険な行動を引き起こすると考えられています。

 

『発達障害』(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人が、交通事故、産業事故、あるいは水難事故などを起こしやすいといったことが臨床的にわかっています。この原因は3つあります。

  1. 不注意傾向
  2. 衝動性
  3. 睡眠障害

です。

 

向こう見ずで危険な行動をしてしまいます。集中力に欠けるので信号とか道路標識を見落としてしまったり、または無理に追い越しをしたりスピードをだしすぎたりして事故を起こすと言う事があります。

 

また、睡眠不足という理由で居眠り運転をしやすい傾向もある様です。アメリカのいくつかの州などでは、度々事故を起こしている人は運転免許証の更新のタイミングで、ADHDのチェックリストへの記入を義務づけられていると言われています。

 

ADHDと診断されると、専門医において薬物治療が行われます。その治療に影響を受けて、不注意傾向と衝動性が大幅に改善され、交通事故が人幅に減少したと言う事が報告されています。

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

関連ページ

アスペルガー症候群なのかを自分で調べる方法
【まずはチェック!】自分がアスペルガー症候群かどうかを調べるチェックシートです。自分がアスペルガー症候群なのかが大体チェック出来ます。
アスペルガー症候群とはどういった病気?|症状や行動パターンなど
アスペルガー症候群について、どういった症状や特性があるのかを調べています。
ADHDとアスペルガー症候群の違い|行動などに僅かな違いがあります
ADHDとアスペルガー症候群の『共通点』と『相違点』についての記事です。
発達障害は遺伝する?特徴とADHDについての基礎知識
大人の発達障害の殆どがADHDと言われているのですが、ADHDの人はどういった人を言うのか?という部分について調べています。また、発達障害と遺伝の関係などについても書いています。
女性が抱える発達障害、月経前不機嫌症候群について
女性の発達障害は深刻で、生理などのホルモンの関係で男性とは違う苦しみがあります。
色々な発達障害について|発達障害の種類など
発達障害の代表的なモノ以外のモノも調べています。原因などについても調べています。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート2】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
女性の発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート3は女性です】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴5|どういった部分がダメなのか?
【パート5】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴6|どういった部分がダメなのか?
【パート6】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人が社会で孤立しない方法とは?
発達障害の人は、悪気がないのに人に不快な思いをさせてしまうことがあるので、孤立するというケースがあるようです。
発達障害が引き起こす合併症の種類について
大人の発達障害の場合、依存症などの各種合併症を引き起こす可能性が高いです。
発達障害が引き起こす、睡眠障害と様々な依存症について
発達障害が原因で、色々な依存症になる、または睡眠障害で悩む方が多いのですが、そういったところについて調べています。
発達障害はカミングアウトするべき?社会の適応の仕方と、パニックになった時の対処
発達障害は理解されにくい症状ですが、相手にカミングアウトする方がいいのか?メリットやデメリット、またパニックになった時の対策など。
女性のアスペルガー症候群の悩み|男性の発達障害の違いとパニック
女性のアスペルガー症候群の場合、女性にしか分からない悩みがあり、周囲が理解してくれない状況があります。
発達障害で自己否定を強く感じる時、家族で取り組める事など
自己否定が強くなるのも発達障害の特徴です。家族で出来ることなどを確認して取り組める様にする方法。
大人のADHDの症状、その対処法など
大人のADHDの症状と、その対処法等について調べています。
学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害についての特徴やそれぞれの問題点
発達障害の1つとして学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害というものがあります。
『自閉スペクトラム症』について|症状の特徴や、対応策など
発達障害には『自閉スペクトラム症』というものがあるのですが、特徴を理解して改善する事で、日常生活がしやすくなっていきます。
パニック症候群の方の症状、日常生活の暮らし方など
パニック症候群という症状は、突然息ができなくなったりしてツラい症状です。その改善の仕方とか、意識を持つ部分などについて。