【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

女性の発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?

アスペルガー症候群 症状

 

衝動買いを抑える事が出来ない

思いつきの行動を繰り返す

そのタイミングの思いつき、あるいは気分で、じっくりと考えずに行動することが目につくのが大人のADHDです。

 

お金がないのにカードで買い物をしてしまうこともあります。計画を立てて、『今日はこれとこれを買おう』とメモをして出掛けてもすぐに忘れてしまい、お店でパッと見た瞬問にほしいと思ったものを買ってしまうのです。

 

この衝動性は脳内で分泌されるドーパミン、ノルアドレナリン、そしてセロトニンなどの神経伝達物質のうちのセロトニン、またはドーパミンなどが欠乏し、衝動、あるいは欲望をコントロールできなくなるからだと言われています。

 

うつ病、アルコール依存症とか、薬物依存症などに陥る人が多いのですが、それにはセロトニンが深く関係していると考えられています。

 

 

敢えて強烈な刺激を求めることもあります

ADHDの人は、ドキドキするような刺激があると脳が興奮し、、それに夢中になることがあります。

 

大量の買い物、大金を賭けるギャンブルとか、リスクのでかい投資、バンジージャンプ、危険なカーレースなど、強烈な刺激を追求するタイプの人はADHD可能性が高いと考えられています。

家事や片付けが出来ない

することをすぐに忘れてしまいます

家庭で沢山の仕事をしていると、そのときどきで興味とか関心の向いた部分に気をとられてしまいます。

 

結果的に、することを忘れてしまうのです。物事の優先順位をつけるという事ができないために、掃除をしている最中に買い物にでたり、または食事の準備をしなくてはいけない時に洗濯をはじめたりしてしまいます。

計画的に取り組むことができません

スケジュールを立てて計画的に家事を取り組むことができません。必要ないものまで買ってきてしまい、家の中がゴミだらけになってしまう人もいるでしょう。

 

自分自身の評価は一層低くなり、自尊心はズタズタです。劣等感のかたまりになってしまいます。

 

  • 洗濯物をたたんでいる途中に掃除機しだす事があります。
  • 食事の支度をしている最中でも洗濯、風呂掃除等をはじめてしまいます。
  • やるべきことを先延ばしにしてしまいます。
  • そんな自分に嫌になり、劣等感のかたまりになります。

 

 

子育てが上手くいかない事も悩みです

余裕がなくて子供達に目が向きません

発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人は、不安感、そして焦燥感、無気力感が激しいことがあり、一層女性の場合、家事をはじめとして、整理整頓がうまくいかないと激しく落ち込んだり、その結果としてうつ状態になったりします。

 

人間関係がうまくいかずに孤立したり、取り組むべき家の仕事をやりとおすことができずに悩んだりする人もいるとされています。

 

また、自分自身のことで精一杯になり、子供達に対してつらくあたったり、イライラが溜まってきて暴言を吐くと言う様な事もあります。ひどいときは虐待に拡がってしまうこともあるので、専門医に相談して薬物療法等を進めていくことも時には必要になります。

子どもにつらくあたってしまう人がいます

アスペルガー症候群の人で特に触覚過敏の症状があるケースでは、自分自身の子供なのに、抱きつかれたりするのが苦痛です。

 

ストレスがたまって子どもにつらくあたったり、面倒を見るのも不快に感じて、ネグレクト(育児放棄)まで発展してしまうケースもあるでしょう。

 

更には、ADHDの場合、自分の子供のする事が異常に気になってしまい、細かい部分まで口をださずにはいられない人がいると言われています。本人の話を聞いてあげたり、状況に注意してあげ、家族が楽しく暮らせるように協力していきましょう。

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

関連ページ

アスペルガー症候群なのかを自分で調べる方法
【まずはチェック!】自分がアスペルガー症候群かどうかを調べるチェックシートです。自分がアスペルガー症候群なのかが大体チェック出来ます。
アスペルガー症候群とはどういった病気?|症状や行動パターンなど
アスペルガー症候群について、どういった症状や特性があるのかを調べています。
ADHDとアスペルガー症候群の違い|行動などに僅かな違いがあります
ADHDとアスペルガー症候群の『共通点』と『相違点』についての記事です。
発達障害は遺伝する?特徴とADHDについての基礎知識
大人の発達障害の殆どがADHDと言われているのですが、ADHDの人はどういった人を言うのか?という部分について調べています。また、発達障害と遺伝の関係などについても書いています。
女性が抱える発達障害、月経前不機嫌症候群について
女性の発達障害は深刻で、生理などのホルモンの関係で男性とは違う苦しみがあります。
色々な発達障害について|発達障害の種類など
発達障害の代表的なモノ以外のモノも調べています。原因などについても調べています。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート2】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴4|どういった部分がダメなのか?
【パート4】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴5|どういった部分がダメなのか?
【パート5】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴6|どういった部分がダメなのか?
【パート6】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人が社会で孤立しない方法とは?
発達障害の人は、悪気がないのに人に不快な思いをさせてしまうことがあるので、孤立するというケースがあるようです。
発達障害が引き起こす合併症の種類について
大人の発達障害の場合、依存症などの各種合併症を引き起こす可能性が高いです。
発達障害が引き起こす、睡眠障害と様々な依存症について
発達障害が原因で、色々な依存症になる、または睡眠障害で悩む方が多いのですが、そういったところについて調べています。
発達障害はカミングアウトするべき?社会の適応の仕方と、パニックになった時の対処
発達障害は理解されにくい症状ですが、相手にカミングアウトする方がいいのか?メリットやデメリット、またパニックになった時の対策など。
女性のアスペルガー症候群の悩み|男性の発達障害の違いとパニック
女性のアスペルガー症候群の場合、女性にしか分からない悩みがあり、周囲が理解してくれない状況があります。
発達障害で自己否定を強く感じる時、家族で取り組める事など
自己否定が強くなるのも発達障害の特徴です。家族で出来ることなどを確認して取り組める様にする方法。
大人のADHDの症状、その対処法など
大人のADHDの症状と、その対処法等について調べています。
学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害についての特徴やそれぞれの問題点
発達障害の1つとして学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害というものがあります。
『自閉スペクトラム症』について|症状の特徴や、対応策など
発達障害には『自閉スペクトラム症』というものがあるのですが、特徴を理解して改善する事で、日常生活がしやすくなっていきます。
パニック症候群の方の症状、日常生活の暮らし方など
パニック症候群という症状は、突然息ができなくなったりしてツラい症状です。その改善の仕方とか、意識を持つ部分などについて。