【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

アスペルガー症候群とはどういった病気?|症状や行動パターンなど

アスペルガー症候群 症状

 

『アスペ』とか自虐的な表現で言われているアスペルガー症候群ですが、どういった人がアスペルガー症候群と言うのか?という部分はまだ知らない人が多いような気がします。

 

自閉症の中の1つをアスペルガーと言うらしいです。

 

 

自閉症の考え方には、『自閉症スペクトラム障害(ASD)』というくくりが存在します。自閉症、高機能自閉症(HF-PDD)、アスペルガー症候群(AS)などが含まれ、そしてその『自閉症スペクトラム障害(ASD)』の代表格がアスペルガー症候群となります。ADHDと似たような特性が多く、『三つの障害』が存在します。

 

アスペルガー症候群は、知的な遅れがない分、目立ちにくい障害です

アスペルガー症候群ですが、知的な発達、そして言葉の遅れがないため、目立ちにくいのが特徴だと言えます。

 

 

逆に、知的レベルが高いケースが多く、そして言葉を流暢に扱う人も存在するのです。通常の人間のIQは85~115ですがアスペルガー症候群、または高機能自閉症の人の中には、IQ130をオーバーする知的能力が高い人も存在します。ADHDと比較した場合、他人を受け入れないので、社会適応が難しいと言う事が問題点になります。

 

 

ひきこもり、あるいはニートになる多くの人がアスペルガー症候群だと考えられています。ほかに、感覚過敏・過鈍性、協調運動が苦手、手先が不器用などの特徴があります。

 

代表的なアスペルガーの症状

 

  • 友だちがいない
  • 会話中に視線を合わせない
  • 身振りや、手振りをしない
  • 空気を読めない言動が多い
  • 暗黙の決まり事が理解できない
  • 他人と協調することが出来ない
  • 他人と違った行動、または言動をする
  • マナーが悪い
  • 同様の言葉を繰り返したり、、または独特な言い回しをする
  • 完全主義の姿勢が強い
  • 話し方に抑揚がない
  • 細かい部分にこだわる
  • 会話があちこちに飛ぶ
  • 冗談、またはユーモアが通じない
  • 興味の範囲が狭い
  • 規律とか規則にこだわる
  • こだわりが多く応用がきかない
  • 聴覚、視覚、嗅覚や、味覚、それに触覚が敏感or鈍感
  • 他人から触られるのを嫌う
  • 自傷行為を何回も行う
  • 自分自身の体臭に気づかない
  • 縄跳び、またはキャッチボールが苦手
  • 手先が不器用
  • 変更、または予期せぬ事に弱い
  • 予定が変わってしまうとパニックになる
  • 他人の気持ちがわからない

アスペルガー症候群の代表的な特徴など

アスペルガー症候群と言っても、どういった人を言うのか?という所が理解する事が出来ないと思います。僕も正直分からないのですが、僕自身当てはまっている部分が多いような気がします^^;

 

人と親しくなろうとししない

 

他人に対しての関心や仲問意識が驚く位低く、ひとりになってしまっても全然気になりません(実際、僕がそうです^^)。。

 

 

場の空気を読もうという発想がないので、孤立しやすいのも特徴です。ルールや決められたことを守らない人が許せず、そしてささいな間違いやあやまちをとがめたり、こだわりが強いときは警察に通報したりしてしまうこともあります。

 

 

人前でどういったやり方で振るまえばいいのかがわからず、成長の過程において身につくはずのマナーを始めとして、決まりごとがしっかりと理解できません。集団、そして組織の中での社会性にも欠ける傾向があると言われています。

 

言葉のキャッチボールができません

 

コミュニケーションの問題を抱える人がほとんどで、会話が一方通行と言うカタチで言葉のキャッチボールが成立しません。

 

 

相手の話に興味や関心を示さず、そして自分自身のいいたいことだけを話す傾向があります。

 

ひとつのことに強くこだわります

 

想像力が欠如しているため、新しいことに不信感を抱きます。

 

 

その反面、自分が興味を持っていることには強いこだわりを持っています。マニアックにやり続けたり追究してしまう人が多いと言う風に言われています。

 

 

ADHDの人もこだわりを持っていますが、アスベルガー症候群のケースではそれが顕著です。こだわりがよい方向にいけば問題ないのですが、応用、または融通がきかなくなると、まわりの人に迷惑をかけることにもなってきます。

 

アスベルガー症候群のそのほかの特性

アスペルガー症候群には、『聴覚、視覚、嗅覚、味覚とか、触覚に必要以上に敏感、または鈍感』な人がいると言われています。気圧、そして温度の変化に過剰反応する場合もある様です。

 

 

食べ物の好き嫌いが多い、人手先が不器用で運動も苦手なので触られるのが苦手、大きな音を極端に嫌ったり、または好んだりする、痛覚が鈍くて自傷行為を繰り返す、または自分自身の体の臭いに気づかないなどの症状がある人もいると言われています。

 

 

手先を利用する作業が苦手だったりスポーツが不得意な人が多いという風に考えられています。特に、箸使いや(サミが苦手、またはヒモが結べない、器械体操とか縄跳びが苦手などの特徴が上げられます。目と手、そして手と足といった協調運動に問題があり、運動全般をはじめとして、字を書くのが苦手な人もいます。

 

 

そう考えると、当てはまるモノ、当てはまらないモノがあります^^;軽度、重度によってアスペルガー要素が強かったり、弱かったりという所が多いのかもしれません。

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

関連ページ

アスペルガー症候群なのかを自分で調べる方法
【まずはチェック!】自分がアスペルガー症候群かどうかを調べるチェックシートです。自分がアスペルガー症候群なのかが大体チェック出来ます。
ADHDとアスペルガー症候群の違い|行動などに僅かな違いがあります
ADHDとアスペルガー症候群の『共通点』と『相違点』についての記事です。
発達障害は遺伝する?特徴とADHDについての基礎知識
大人の発達障害の殆どがADHDと言われているのですが、ADHDの人はどういった人を言うのか?という部分について調べています。また、発達障害と遺伝の関係などについても書いています。
女性が抱える発達障害、月経前不機嫌症候群について
女性の発達障害は深刻で、生理などのホルモンの関係で男性とは違う苦しみがあります。
色々な発達障害について|発達障害の種類など
発達障害の代表的なモノ以外のモノも調べています。原因などについても調べています。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート2】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
女性の発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート3は女性です】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴4|どういった部分がダメなのか?
【パート4】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴5|どういった部分がダメなのか?
【パート5】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴6|どういった部分がダメなのか?
【パート6】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人が社会で孤立しない方法とは?
発達障害の人は、悪気がないのに人に不快な思いをさせてしまうことがあるので、孤立するというケースがあるようです。
発達障害が引き起こす合併症の種類について
大人の発達障害の場合、依存症などの各種合併症を引き起こす可能性が高いです。
発達障害が引き起こす、睡眠障害と様々な依存症について
発達障害が原因で、色々な依存症になる、または睡眠障害で悩む方が多いのですが、そういったところについて調べています。
発達障害はカミングアウトするべき?社会の適応の仕方と、パニックになった時の対処
発達障害は理解されにくい症状ですが、相手にカミングアウトする方がいいのか?メリットやデメリット、またパニックになった時の対策など。
女性のアスペルガー症候群の悩み|男性の発達障害の違いとパニック
女性のアスペルガー症候群の場合、女性にしか分からない悩みがあり、周囲が理解してくれない状況があります。
発達障害で自己否定を強く感じる時、家族で取り組める事など
自己否定が強くなるのも発達障害の特徴です。家族で出来ることなどを確認して取り組める様にする方法。
大人のADHDの症状、その対処法など
大人のADHDの症状と、その対処法等について調べています。
学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害についての特徴やそれぞれの問題点
発達障害の1つとして学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害というものがあります。
『自閉スペクトラム症』について|症状の特徴や、対応策など
発達障害には『自閉スペクトラム症』というものがあるのですが、特徴を理解して改善する事で、日常生活がしやすくなっていきます。
パニック症候群の方の症状、日常生活の暮らし方など
パニック症候群という症状は、突然息ができなくなったりしてツラい症状です。その改善の仕方とか、意識を持つ部分などについて。