【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?

アスペルガー症候群 症状

周囲のことを考えないで失礼なことを言う|空気を読んだ行動が出来ない

その場の空気を読もうと言う様な発想がないので、孤立してしまう事が多いと言われています。

 

また、約束事、あるいはルールを徹底して守ろうとするので、他人のささいな間違いが許せません。その事実を大声でとがめたり、あるいはヒドい時には警察に通報したりしてヒンシユクを買う様な場合もあります。

後先を考えないで行動

良く考えもせず、思いつき、行き当たりばったりで発言し、失敗、またはトラブルを繰り返します。

 

この原因は衝動性からくる症状で、ADHDの症状においては生涯にわたって持続しやすいものです。会議中にいきなりしゃべりだしたり、相手の事を考えずに失礼な意味合を言ったりして、まわりの人に驚かれることも考えられます。

想像力が乏しく空気が読めない
  • 約束が守れない
  • 周囲に応じて行動デキない
  • 頼まれごとを上手に断るというコトが出来ない
  • 他人に同感出来ない
  • 何かを任せる事が出来ない
  • ありがとうが言えない
  • 他の人に好かれようと思っていない
他人の気持ちをらくみ取ることが苦手

 

家庭、あるいは社会での約束事が守れず、まわりの人が面白く過ごしているときにその状況を壊すような言動をします(実体験として)。

 

自分自身のいいたいことを一方的にずっととしゃべったり、自分に興味がないと少しも話を聞かなかったりと、他人の立場で物事を考えると言う事ができないのです。

 

その場の空気を読むことができない、いわゆる『KY』というタイプです。全体でやっているゲームの決まりを守らず、その場の雰囲気を壊します。

 

アスペルガーなどの『発達障害』の人は、他人の気持ちをくみ収ることができません。基本的に、人他人と会話をするときは、相手の衣情、声のトーン、そして口調、しぐさ等を見たり感じたりしながら話を聞きます。そうしたの喜怒哀楽の感情を他人と共感することが出来ないのです。

 

アスペルガー症候群の人は他人と親しくなりたいという欲求がないのですが、ADHDの人は仲間をつくりたいと思っています。他人と親しくしたいと望んでいるのに、空気が読めなくてヒンシュクを買い、そして孤立してしまうというワケですから傷ついたりストレスを感じたりすることが多いのです。

カッとなりやすくて衝動的に行動してしまいます

 

ささいなことで怒ったり思いつきで行動します

感情がうまくコントロールできないため、熟考せず後先考えずに行動するのが、ADHDでの衝動性の症状です。

 

少しのことでも怒りが爆発し、まわりの人にあたり散らすと言うコトがあったり、順番が待てなかったり、思いつきでいきあたりはったりの行動をしてしまったりします。キレた際には衝動的に行動し、興奮しているケースではその言動を覚えていません。

 

ドメスティックーバイオレンス、または児童虐待などの傾向があり、または事故を起こしたりギャンブルがやめられなくなる人もいます。成長するにともなって分別をわきまえるようになりますが、気がゆるんだり、アルコールが入ったりすると、衝動性が抑えられないと言う事があるのです。

 

仕事場では自分の気持ちが抑えられず、同僚と口論してしまいます。浴びるくらい酒を飲み、家族にあたり散らす人もいると言われています。

相手と目を合わせてコミュニケーションがとれない

深い人間関係が築けません

ADHDなどの『発達障害』の人は、他人と仲良くなりたいと望んでいるのに、上手に関われないことが多いといえます。

 

アスペルガー症候群の人は元来他人への関心が少なく仲間意識も薄い為に、ひとりぼっちになっても問題ありません。他人としっかりとした人間関係が築けなくても気になりません。

 

アスペルガー症候群とADHDが併存している人は、他人と話していてもお互いの視線を合わせず、身体を使った(身振り手振り)表現をしません。

 

表情はもちろん、態度、、そして身振りなどから気持ちをくみ取るケースや場の空気を読むことはできません。

 

他人が傷つくような事を平気でいってしまったり、または周囲の人が迷うような行動をしたりしてしまうこともあります。

友だちをつくる意欲がありません

相手とおたがい目を合わせないだけでなく、相手の気持ちを考えると言う事ができません。

 

楽しく競技、またはゲームをしていても、自分自身の事だけしか考えられず一番を取ることや勝つ事に力を注いでいます。

 

悪気はないのですが、その場を乱すような行動や言動を平気でしてしまうのです。

会話のキャッチボールが行うことができない

 

話が一方的でコミュニケーションが取れません

言葉のキャッチボールができない言動は、アスペルガー症候群の特性です。

 

一方的に自分だけのことだけをしゃべり、そして相下の話には興味を一切示しません。話し方には抑揚とか感情がなく、内容が至る所に飛びます。

 

まわりくどい説明、そして細かい部分に必要以上にこだわったりして『問』が取れません。

注意散漫で話が聞けません

ADHDの人の場合は、大とじっくり話し介うことが片手です。注意散漫で相手の話をよく聞くと言うコトができません。

 

しかも、自分の話したいことだけを一方的に言うので、相手を不快にさせるかもしれません。

あいまいな言いまわしが理解できません

指示や連絡を受けると言う事ができません

目頭で指示をされたり何かの連絡を受けるとき、早目でいわれたり、そして『あれ』『それ』『これ』などの指示代名詞を用いて説明されたりすると、何を指しているのかが分からないことがあります。

 

表現があいまいな言いまわしだと把握できないことが多いと言われています。

理由を把握していないと混乱してしまいます

あいまいな衣現をさけ、はっきりと理由を言う、または自分であれば相手にハッキリと言ってもらう様にお願いします。『もう少し』『ちよっと早く』などといったような言葉は使わず、説明してもらうよう、周囲の人に協力してもらうと良いと思います。

 

  • 『たぶん』とはいいことか悪いことか?
  • 『今度』とはいつなのか?
  • 『早め』とはどのぐらい早いのか?
  • 『なるべく』とはどういう意味か?

 

『たぶん、それでいいと思うよ』と同僚にいわれても。本当に大丈夫なのかがわかりません。

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

関連ページ

アスペルガー症候群なのかを自分で調べる方法
【まずはチェック!】自分がアスペルガー症候群かどうかを調べるチェックシートです。自分がアスペルガー症候群なのかが大体チェック出来ます。
アスペルガー症候群とはどういった病気?|症状や行動パターンなど
アスペルガー症候群について、どういった症状や特性があるのかを調べています。
ADHDとアスペルガー症候群の違い|行動などに僅かな違いがあります
ADHDとアスペルガー症候群の『共通点』と『相違点』についての記事です。
発達障害は遺伝する?特徴とADHDについての基礎知識
大人の発達障害の殆どがADHDと言われているのですが、ADHDの人はどういった人を言うのか?という部分について調べています。また、発達障害と遺伝の関係などについても書いています。
女性が抱える発達障害、月経前不機嫌症候群について
女性の発達障害は深刻で、生理などのホルモンの関係で男性とは違う苦しみがあります。
色々な発達障害について|発達障害の種類など
発達障害の代表的なモノ以外のモノも調べています。原因などについても調べています。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート2】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
女性の発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート3は女性です】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴4|どういった部分がダメなのか?
【パート4】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴5|どういった部分がダメなのか?
【パート5】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴6|どういった部分がダメなのか?
【パート6】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人が社会で孤立しない方法とは?
発達障害の人は、悪気がないのに人に不快な思いをさせてしまうことがあるので、孤立するというケースがあるようです。
発達障害が引き起こす合併症の種類について
大人の発達障害の場合、依存症などの各種合併症を引き起こす可能性が高いです。
発達障害が引き起こす、睡眠障害と様々な依存症について
発達障害が原因で、色々な依存症になる、または睡眠障害で悩む方が多いのですが、そういったところについて調べています。
発達障害はカミングアウトするべき?社会の適応の仕方と、パニックになった時の対処
発達障害は理解されにくい症状ですが、相手にカミングアウトする方がいいのか?メリットやデメリット、またパニックになった時の対策など。
女性のアスペルガー症候群の悩み|男性の発達障害の違いとパニック
女性のアスペルガー症候群の場合、女性にしか分からない悩みがあり、周囲が理解してくれない状況があります。
発達障害で自己否定を強く感じる時、家族で取り組める事など
自己否定が強くなるのも発達障害の特徴です。家族で出来ることなどを確認して取り組める様にする方法。
大人のADHDの症状、その対処法など
大人のADHDの症状と、その対処法等について調べています。
学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害についての特徴やそれぞれの問題点
発達障害の1つとして学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害というものがあります。
『自閉スペクトラム症』について|症状の特徴や、対応策など
発達障害には『自閉スペクトラム症』というものがあるのですが、特徴を理解して改善する事で、日常生活がしやすくなっていきます。
パニック症候群の方の症状、日常生活の暮らし方など
パニック症候群という症状は、突然息ができなくなったりしてツラい症状です。その改善の仕方とか、意識を持つ部分などについて。