【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

女性が抱える発達障害、月経前不機嫌症候群について

アスペルガー症候群 症状

 

ADHD、またはアスベルガー症候群の女性は、月経がはじまる近辺になるとイライラしたり落ち込んだりする事がある様です。その理由は『月経前(不機嫌性)障害』という現象です。その症状が強くなると、うつ病を合併しやすいといわれます。

月経前(不機嫌性)障害の症状

 

  • 悲しくなる
  • 怒りっぽくなる
  • 無気力になる
  • 涙もろくなる
  • イライラしてくる
  • 集中力がなくなる
  • 躊躇なくキレる
  • 甘いものが食べたくなる
  • 眠くなるor眠れない状態になる

女性の深刻な問題は月経前(不機嫌性)障害の重症化

『発達障害』(アスペルガー症候群、ADHDなど)の女性は月経前(不機嫌性)障害が重症化しやすいために、うつ病等といった合併症も多いのが現実です。

 

 

近頃では、女性の犯罪は月経前(不機嫌性)障害と関係深いともいわれています。

 

 

また女性は、家庭でも職場でも、こまごました仕事を任せられることが殆どですから、、困難な場面に直面することが多いんです。特にアスペルガーなどの発達障害の女性は、段取りよく仕事をこなすのが苫手ですから、やるべきことが増えると混乱してパニックになってしまいます。

 

 

大人の女性の発達障害に特有な問題に、性欲もあげられます。性欲が低下して不感症になったり、逆に性欲がありすぎて異性関係が乱れるケースもあります。セックス依存症になったり異性関係のトラブルに巻き込まれないよう、十分に注意する必要があるでしょう。

 

 

月経前(不機嫌性)障害の身体症状

 

  • うつ状態、自己否定感、絶望感の波が激しい
  • 生活の気力がなくなりイライラする
  • 不安感を自覚する
  • むくみがある、便秘がち
  • 意味もないのに強迫観念がある
  • 陰口を言われている気がする、または人の言動に傷つきやすい
  • 死にたいと思う、または自殺衝動に襲われる
  • 常に緊張感があり、信用出来ない感じ
  • 日常生活に支障をきたすほどの情緒不安定
  • ひどく悲しくなったり、感情が抑えれず号泣する
  • イライラして攻撃的になる
  • ものごとに興味がなくなる
  • 引きこもるのが好き
  • 著しく疲れやすくなる・だるくなる
  • 判断力や物事、仕事とか、家事などの集中力が低下する
  • 異常に眠くなる、または眠れない
  • 性欲を抑制できない、もしくは性欲が減退する
  • 食欲を抑えられない
  • 自分自身の感情をコントロール出来ない
  • 下腹部の痛み、重みなど
  • 乳房が張ったり痛みがある
  • 偏頭痛、頭が重い

など

 

月経前症候群(PMS)、PMDDの発症には、生理近辺に増える女性ホルモン、プロゲステロンの影響が指摘されていますが、はっきりとした原因は解明されていません。

 

アスペルガー症候群 症状

 

 

アスペルガー症候群 症状

 


 

もう一つの女性ホルモンであるエストロゲンとのバランス異常という説も考えられています。

 

 

近頃、感情に関わる神経伝達物質の量、それに加え働きに、これらの女性ホルモンが影響を及ぼして症状が現れるのではないかという説も出てきているみたいです。

 

 

MDDでは特にイライラ・憂鬱感などのメンタル的症状が強く、結果として時には周囲の人との関係が崩壊してしまうような問題に発展したり、暴力、あるいは薬物に手を出してしまったり、自殺を考えたりしてしまうといった深刻な症状があらわれるのです。

 

 

もちろん、これらの症状はPMSと同様に月経前~月経前半の一定時期以外には現れず、月経が落ち着くころには症状もすっかりなくなって、本人がもともと持っている明るさとか活発さを取り戻します。

 

 

女性の場合、生理という周期に応じて、色々と身体の異変が起こるので、しっかりと注意しながら生活する必要があります。

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

関連ページ

アスペルガー症候群なのかを自分で調べる方法
【まずはチェック!】自分がアスペルガー症候群かどうかを調べるチェックシートです。自分がアスペルガー症候群なのかが大体チェック出来ます。
アスペルガー症候群とはどういった病気?|症状や行動パターンなど
アスペルガー症候群について、どういった症状や特性があるのかを調べています。
ADHDとアスペルガー症候群の違い|行動などに僅かな違いがあります
ADHDとアスペルガー症候群の『共通点』と『相違点』についての記事です。
発達障害は遺伝する?特徴とADHDについての基礎知識
大人の発達障害の殆どがADHDと言われているのですが、ADHDの人はどういった人を言うのか?という部分について調べています。また、発達障害と遺伝の関係などについても書いています。
色々な発達障害について|発達障害の種類など
発達障害の代表的なモノ以外のモノも調べています。原因などについても調べています。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート2】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
女性の発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート3は女性です】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴4|どういった部分がダメなのか?
【パート4】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴5|どういった部分がダメなのか?
【パート5】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴6|どういった部分がダメなのか?
【パート6】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人が社会で孤立しない方法とは?
発達障害の人は、悪気がないのに人に不快な思いをさせてしまうことがあるので、孤立するというケースがあるようです。
発達障害が引き起こす合併症の種類について
大人の発達障害の場合、依存症などの各種合併症を引き起こす可能性が高いです。
発達障害が引き起こす、睡眠障害と様々な依存症について
発達障害が原因で、色々な依存症になる、または睡眠障害で悩む方が多いのですが、そういったところについて調べています。
発達障害はカミングアウトするべき?社会の適応の仕方と、パニックになった時の対処
発達障害は理解されにくい症状ですが、相手にカミングアウトする方がいいのか?メリットやデメリット、またパニックになった時の対策など。
女性のアスペルガー症候群の悩み|男性の発達障害の違いとパニック
女性のアスペルガー症候群の場合、女性にしか分からない悩みがあり、周囲が理解してくれない状況があります。
発達障害で自己否定を強く感じる時、家族で取り組める事など
自己否定が強くなるのも発達障害の特徴です。家族で出来ることなどを確認して取り組める様にする方法。
大人のADHDの症状、その対処法など
大人のADHDの症状と、その対処法等について調べています。
学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害についての特徴やそれぞれの問題点
発達障害の1つとして学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害というものがあります。
『自閉スペクトラム症』について|症状の特徴や、対応策など
発達障害には『自閉スペクトラム症』というものがあるのですが、特徴を理解して改善する事で、日常生活がしやすくなっていきます。
パニック症候群の方の症状、日常生活の暮らし方など
パニック症候群という症状は、突然息ができなくなったりしてツラい症状です。その改善の仕方とか、意識を持つ部分などについて。