【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

発達障害は遺伝する?特徴とADHDについての基礎知識

 

アスペルガーなどの『発達障害』は先天的な障害で、遺伝性が高いと考えられています。中でもADHDはかなりの発生頻度が高い障害である為、症状が表にでていなくても、日本人の1割前後の人がADHDの素因子を抱えていると考えられます。

『発達障害』とは、注意力が低い、落ち着きがない、または衝動的な行動をするなどの特性があるADHD(注意欠如・多動性障害)、社会性やコミュニケーション能力などに問題があるアスペルガー症候群、特定の学習能力の習得に問題の見られるLD(学習障害)などの総称となっています。

子供時代に気づかなかった発達障害を見極めるために

大人の『発達障害』(アスペルガー症候群、ADHDなど)では、その症状が原因でトラブルを起こしたりストレスがうっ積したりする人もいるのは間違いないでしょう。落ち込んだり急に激しく怒ったりすることもあり、依存症などの合併症との判別は難しいものです。大人のADHDなどの『発達障害』を正しく診断して治療するには、当人の訴えを聞くだけではなく、症状やはもちろん、生育歴を、入念に聞き取っていくことが必須条件です。

 

 

『発達障害』(アスペルガー症候群、ADHDなど)の原因や病態は、実はまだわかっていません。

 

 

発症のメカニズムとして分かっているのは、家庭環境や心的外傷体験(トラウマ)などの周辺環境要因やメンタル的要因で起こるのではなく、生まつき、または、出産前後の脳機能の損傷が原因だといわれています。

 

脳の機能障害が起こる原因

ADHD、そして自閉症、アスペルガー症候群は遺伝と密接に関係していると考えます。脳に機能障害を引き起こす原因の1つは、遺伝的要因です。

 

 

たとえば、両親、あるいは兄弟がADHDならば、別の兄弟も高い確率でADHDなどの『発達障害』だと考えられています。しかし、遺伝的要因があるからといって、間違いなく発症するとは限られていません。

 

 

その障害にかかりやすいという程度の遺伝という部分もあります。そのほかの要因は、出産前後の周産期異常、または出生後の感染症などです。さらには、妊娠中、そして出生時、新生児期(生後4ヵ月まで)の間に、脳の発達のカギを握る疾患もあります。

 

 

加えて、妊娠中の母親の飲酒、更には喫煙(胎児性アルコールータバコ症候群)や、環境ホルモン(PCB、ダイオキシンなど)による影響なども関心されています。

 

脳の疾患の環境的な要因

 

  • 妊娠中の母親の飲酒、そして喫煙
  • 環境ホルモンの影響など

 

脳に影響を与える疾患

 

  • 未熟児、低体重出生
  • 妊娠中毒症
  • 重症黄疸
  • ウイルス疾患(インフルエンザ、麻疹、風疹など)
  • 脳炎、髄膜炎

ADHDとはどんな状態でしょう

大人の『発達障害』で問題になるのはADHDとアスペルガー症候群です。知能、あるいは学歴が高くても、社会生活に支障がでたり集団に適応することが出来ないことがあるからです。

 

 

最近では、ADHDの要素を持つ人は大変多いと考えられています。たとえば、大学生の平均23パーセントにあたるという調査結果もあるほどです。男性の場合、働き場所での問題行動が目立ちます。

 

 

仕事を最後まで終わらせる事ができず、中途半端。上司に思ったことをズバッといってしまって左遷される。約束の時間が守れない。……など、割り当てられた業務がこなせない会社員も多いでしょう。

 

 

女性の場合は職場などに於いて忘れ物やなくし物が多い、家庭内で家事をすることが出来ないなどのケースが見受けられます。自分自身の感情がコントロールできずに、子ども達や夫に暴言を吐いたりする人もいると考えられます。過食をはじめとして、拒食を繰り返すのも女性に多い特徴といえます。

  • 不注意・・気が散りやすくて集中できない。
  • 衝動性・・深く考えずに行動してしまう。
  • 多動性:・・落ち着きがなソワソワしている。

大人のADHD

 

  • うミスが多い
  • 忘れ物が多い
  • やりっぱなしが多い・片付けができない
  • 捨てられない
  • 相手の話しを最後まで聞かない
  • お金の管理がすることが出来ない
  • 約束の時間、期日が守れない
  • 朝起きれない
  • 何をやっても中途半端
  • 後先を考えずに行動する
  • 気分がコロコロと変わる
  • 暴力的になってしまう、キレやすい
  • やるべきことを先延ばしにしてしまう
  • 家事が出来ない
  • 原因なく落ち込む
  • 貧乏ゆすりが酷い
  • 空気が読めない
  • 人とよくトラブルになる
  • アルコール、酒、またはセックスに溺れる
  • 地図が読めずに方向音痴
  • 過食症、拒食症
  • ハマりやすい

ADHDの行動特性について|多動性は収まっても不注意は残ります

ADHDなどの『発達障害』には知能の遅れは存在しません。成績がトップクラスだったという人も多く、学歴が高水準である人も大勢います。

 

 

しかし、作業をするときの記憶、欲求に関わる前頭葉等の機能の発達がアンバランスと言う理由で感情がコントロールできません。これに関しては、脳内の神経伝達物質であるドーパミン等の受け渡しがうまくいかないために起こります。

 

 

ウロウロする、あるいは急に大声でどなるなどの暴れん坊の箇所は、自制心が育つと少しずつおさまっていきます。大人になっても見受けられる問題行動は、集中力のなさとか、コミュニケーション能力の低さなどです

気が散りやすくて。集中できません

ADHDの中核的な症状が不注意です。気が散りやすく、集中力が維持しません。その具体的な原因はは脳の軽度の機能障害です。

 

自分自身の興味がないことには覚醒レベルが低下してしまい、そして注意散漫になってしまいます。

落ち着きがなく、いつもソワソワしています

学生のうちは勉強ができ、何の問題もないと思われていた人が、社会に出ると失敗の連続、といった事実は結構あります。

 

ADHDのヒトは、一層落ち着きがなく、座っているときに何度も何度も姿勢を変えたり、手足を組みなおすのが目立ったりします。

 

それに加えて、やるべきことが最後までやり遂げられず、何もかもが中途半端で上司に怒られる……と言うような人も多いでしょう。

 

思いつきで行動してしまいます

何かを思いついたら、後先を考えずにパツと行動してしまうかもしれません。キレやすくて何も考えずに怒りが爆発してしまう人も多いでしょう。

 

場の空気が読めず、そして思ったことを発言してヒンシユクを買うこともあり、しばしば相手を傷つけます。これ以外には、ギャンブルや買い物への依存、アルコール、タバコ、カフェイン、そして薬物、恋愛などの嗜好に走りやすいと言う様な特性もあります。

ADHDの特性の現れ方

特性の現れ方には、不注意優勢型、多動・衝動性優勢型、混合型の3つが存在します。

 

 

不注意優勢型はうっかり&ぼんやり型と言われています。多動・衝動性優勢型は落ち着かなくて衝動的に行動してしまうタイプ。

 

 

そして、混合型はそれらが重複しているタイプです。社会人として問題になるのは、仕事上のミスで落ち込むことや達成感を得られない部分です。劣等感、または疎外感を抱きやすいため、うつ病等を併発することもあると言われています。

 

  • 不注意優勢型・・計画性がなく管理が苦手。
  • 混合型・・・対人関係が上手に築けない
  • 多動・衝動性優勢型・・仕事に集中できずに先延ばしにしてしまう。

ADHDチェック

下記症状が当てはまる人であればあるほど、ADHDと言われています。

  • 作業の段取りが悪く、コツコツ続けていって実力を発揮することができない。
  • 人に合わせることができず、集団において孤立することがある。
  • 気が散りやすく、あれこれ手をつけて中途半端になってしまい、現場が完成せず、優先順位がつけられず、行うべき仕事が一層たまっていく。
  • 後先考えずに思ったことをすぐに言ってしまって、他人を傷つけることがある。
  • ジッとしていられないことや順番を守れないと言う事がある。
  • 退屈に耐えられず、飽きっぽくて同じことが長続きしない
  • いつも落ち着かなくてソワソワしたり、話の最中に上の空になってしまうことがある
  • だれも思いつかないようなひらめきとか、直感、そして創造力には自信がある。
  • すぐに腹を立ててキレたり、あるいは過去の失敗を悔やんで落ち込む事が多い。
  • 約束の時間、そして期日が守れず、周囲の人に迷惑をかける、
  • 信号や標識などを見落としたり、事故を起こすと言う事がある。
  • 精神的に不安定な事が多く、心配事を持っていると恐怖心を抱いてどうしようもなくなる。
  • 小さいところをクヨクヨしたりマイナス思考な面があり、ストレスに弱い。
  • 爪かみ、貧乏ゆすり、または髪を抜くなどのクセがある。
  • 酒、薬物、ギャンブル、買い物、またはセックスなどにハマりやすい。
  • 用事が面倒に認識したり失敗を恐れたりして、先送りにする事が多い。
  • 自分はダメな人間だと考えて落ち込むことが多
  • 金銭管理ができず、衝動的にお金を使ったり、支払い等を忘れてしまったりする。
  • 家族や親戚にADHD、うつ病、それに依存症、または気分障害などの人がいる。

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

関連ページ

アスペルガー症候群なのかを自分で調べる方法
【まずはチェック!】自分がアスペルガー症候群かどうかを調べるチェックシートです。自分がアスペルガー症候群なのかが大体チェック出来ます。
アスペルガー症候群とはどういった病気?|症状や行動パターンなど
アスペルガー症候群について、どういった症状や特性があるのかを調べています。
ADHDとアスペルガー症候群の違い|行動などに僅かな違いがあります
ADHDとアスペルガー症候群の『共通点』と『相違点』についての記事です。
女性が抱える発達障害、月経前不機嫌症候群について
女性の発達障害は深刻で、生理などのホルモンの関係で男性とは違う苦しみがあります。
色々な発達障害について|発達障害の種類など
発達障害の代表的なモノ以外のモノも調べています。原因などについても調べています。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート2】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
女性の発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート3は女性です】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴4|どういった部分がダメなのか?
【パート4】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴5|どういった部分がダメなのか?
【パート5】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴6|どういった部分がダメなのか?
【パート6】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人が社会で孤立しない方法とは?
発達障害の人は、悪気がないのに人に不快な思いをさせてしまうことがあるので、孤立するというケースがあるようです。
発達障害が引き起こす合併症の種類について
大人の発達障害の場合、依存症などの各種合併症を引き起こす可能性が高いです。
発達障害が引き起こす、睡眠障害と様々な依存症について
発達障害が原因で、色々な依存症になる、または睡眠障害で悩む方が多いのですが、そういったところについて調べています。
発達障害はカミングアウトするべき?社会の適応の仕方と、パニックになった時の対処
発達障害は理解されにくい症状ですが、相手にカミングアウトする方がいいのか?メリットやデメリット、またパニックになった時の対策など。
女性のアスペルガー症候群の悩み|男性の発達障害の違いとパニック
女性のアスペルガー症候群の場合、女性にしか分からない悩みがあり、周囲が理解してくれない状況があります。
発達障害で自己否定を強く感じる時、家族で取り組める事など
自己否定が強くなるのも発達障害の特徴です。家族で出来ることなどを確認して取り組める様にする方法。
大人のADHDの症状、その対処法など
大人のADHDの症状と、その対処法等について調べています。
学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害についての特徴やそれぞれの問題点
発達障害の1つとして学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害というものがあります。
『自閉スペクトラム症』について|症状の特徴や、対応策など
発達障害には『自閉スペクトラム症』というものがあるのですが、特徴を理解して改善する事で、日常生活がしやすくなっていきます。
パニック症候群の方の症状、日常生活の暮らし方など
パニック症候群という症状は、突然息ができなくなったりしてツラい症状です。その改善の仕方とか、意識を持つ部分などについて。