【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

発達障害で自己否定を強く感じる時、家族で取り組める事など

発達障害 自己否定

 

アスペルガー症候群やADHD等の『発達障害』からくる情緒不安定な状態の延長という形で、『自分は生きてる資格がない』『私なんて、、、』という風な自己否定感と呼ばれる症状があります。自己否定感が強くなると、次のような感情、恐怖が必要以上に出てきます。

 

  • 対人不安・・人間関係に不安、そして緊張を抱く。
  • 病気不安・・病気にかかることを恐れる。
  • 分離不安・・他人に必要以上に依存する。
  • 完全癖不安・・なんでもきっちりと完全にしないと気がすまない。
  • 身体醜形恐怖、自己臭恐怖・・自分の容姿、更には体臭、口臭等を必要以上に気にする。

 

発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人に自尊心が育ちにくいワケ

 

自己否定感が強くなる原因は、色々とあると言われていますが、アスペルガー症候群などの『発達障害』の方の場合、以下の様な感情だったり経験があるために、一般的な人に比べると『自尊心』が芽生えない、結果として上記の様な不安が出てくると考えられている様です。

  • 成功体験が多くない。
  • 周囲の人からの評価が低い。
  • 親や教師から叱咤激励ばかりされる。
  • できることとできないことの差が大きい。
  • 脳機能障害(ドーパミンという快感を高める神経系が未発達である)。
  • 感情が不安定になり、その結果としてストレスが溜まる

人からどう思われているかに想像以上に敏感で、大変傷つきやすいのがADHDの特徴になります。自己評価が低く、その結果としてひどい心配性になって感情が不安定になります。

 

 

ささいなこともストレスになり、精神的なトラブルに陥ってしまうこともあります。若い時、思春期などに必要以上のストレスを溜めず、普段を楽しく過ごすことが成人になって自己否定感を抱かないことにつながります。

 

  • 思春期、青年期までに依存症などの合併症を起こさないことが、自己否定感を抱かないことに繋がる。
  • 片づけや、そして与えられた仕事を自分で出来る範囲で実行する。
  • 感情のコントロールが自分でやれるように、なるべくカッとならない。

 

こういった部分を意識すると改善されると言われています。

 

家族は距離を保ち見守る|協力者が出来ることは何なのかを知る

幼いころからバカにされたり叱られたりしてきた人は、『私なんて価値のない人間だ』とすっかり自信をなくしています。

 

 

心の傷が深く、いじけたりあきらめたりすることが多くなっているのです。家族は、そうした『発達障害』(アスペルガー症候群、ADHDなど)を持っている人間の気持ちを受け止めて理解してあげて、頑張っていることを認めてあげるのが解決策の1つです。ミス、あるいはトラブルがあると、家族のせいにすることもあるのではないでしょうか。温かい心で受け止める事が大事です。

 

 

 

色々な問題は1つずつ解決していきましょう。スモールステップで取り組むのがいいのです。

 

家族が協力可能なこと

 

  • 専門医の話を一緒に聞いて自分達が出来ることを考える。
  • コミュニケーションをよく取り、信頼関係を築く。
  • 得意、不得意なことを把握し、助言や手助けをする。
  • 周囲の人に分からないなサイン(ウインク、鼻を触るなど)を決めておき、非常識な行動をしたりしたときには、シークレットサインで指示を出す。
  • スケジュール等は見えるように貼っておく。
  • 毎日、一緒に確認する。
  • 家族のやるべき事、可能な事を見つけ、ほめてあげる
  • ひとりで静かに過ごせる時間を与える。
  • 問題解決はスモールステップで行う。

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

関連ページ

アスペルガー症候群なのかを自分で調べる方法
【まずはチェック!】自分がアスペルガー症候群かどうかを調べるチェックシートです。自分がアスペルガー症候群なのかが大体チェック出来ます。
アスペルガー症候群とはどういった病気?|症状や行動パターンなど
アスペルガー症候群について、どういった症状や特性があるのかを調べています。
ADHDとアスペルガー症候群の違い|行動などに僅かな違いがあります
ADHDとアスペルガー症候群の『共通点』と『相違点』についての記事です。
発達障害は遺伝する?特徴とADHDについての基礎知識
大人の発達障害の殆どがADHDと言われているのですが、ADHDの人はどういった人を言うのか?という部分について調べています。また、発達障害と遺伝の関係などについても書いています。
女性が抱える発達障害、月経前不機嫌症候群について
女性の発達障害は深刻で、生理などのホルモンの関係で男性とは違う苦しみがあります。
色々な発達障害について|発達障害の種類など
発達障害の代表的なモノ以外のモノも調べています。原因などについても調べています。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート2】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
女性の発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート3は女性です】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴4|どういった部分がダメなのか?
【パート4】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴5|どういった部分がダメなのか?
【パート5】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴6|どういった部分がダメなのか?
【パート6】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人が社会で孤立しない方法とは?
発達障害の人は、悪気がないのに人に不快な思いをさせてしまうことがあるので、孤立するというケースがあるようです。
発達障害が引き起こす合併症の種類について
大人の発達障害の場合、依存症などの各種合併症を引き起こす可能性が高いです。
発達障害が引き起こす、睡眠障害と様々な依存症について
発達障害が原因で、色々な依存症になる、または睡眠障害で悩む方が多いのですが、そういったところについて調べています。
発達障害はカミングアウトするべき?社会の適応の仕方と、パニックになった時の対処
発達障害は理解されにくい症状ですが、相手にカミングアウトする方がいいのか?メリットやデメリット、またパニックになった時の対策など。
女性のアスペルガー症候群の悩み|男性の発達障害の違いとパニック
女性のアスペルガー症候群の場合、女性にしか分からない悩みがあり、周囲が理解してくれない状況があります。
大人のADHDの症状、その対処法など
大人のADHDの症状と、その対処法等について調べています。
学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害についての特徴やそれぞれの問題点
発達障害の1つとして学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害というものがあります。
『自閉スペクトラム症』について|症状の特徴や、対応策など
発達障害には『自閉スペクトラム症』というものがあるのですが、特徴を理解して改善する事で、日常生活がしやすくなっていきます。
パニック症候群の方の症状、日常生活の暮らし方など
パニック症候群という症状は、突然息ができなくなったりしてツラい症状です。その改善の仕方とか、意識を持つ部分などについて。