【市販の本に書いていないことばかり】『依存症7日間短期改善プログラム』

発達障害の人が社会で孤立しない方法とは?

発達障害の人が社会で孤立しない方法とは?

 

僕自身、自宅で働いているのですが、協調性という部分ではトラブルは無かったです。発達障害の気があるとは自分で理解しているつもりですが、軽度、重度によって変わってくるんでしょうね。

 

発達障害において、社会生活が出来ないと悩んでいる方も多いようです。

 

その理由としては、『社会常識』に欠けていたり職場の慣習などを理解できないことがあるんだと思います。それは、会社の決まり事を守っていないのではなく、社会や会社での決まり事が理解していない場合と、理解していてもそのように行動できない場合とがあるんだと思います。

 

具体的にアドバイスしてもらう

 

職場はもちろん、周囲の人には、何か苦手で良く出来ないかを話し、協力してもらうように頼んでおきましょう。たとえば、忙しそうな人がいたら、『私に手伝えることはありませんか?』という様な感じで声をかけるといいのですが、それに気づかない場合には、周囲の人に『こういった場合は、相手に話しかけるとイイよ』という風に気付かせて貰ったり、教えて貰うんですね。

 

場面毎に具体的なアドバイスをしてもらって、あせらずに修正していきましょう。

 

発達障害の人の傾向

 

  • 忙しそうな人を見ても手伝おうとしない
  • その場に合わない行動をする
  • 空気を読まず、いってはいけないことをいう。
  • 暗黙のルールがわからない。
  • 時間や期日が守れない。

 

会社で快適に働きやすくする為のポイント

 

  • 周囲の人に今の状況を確認するクセをつける。
  • 社内のルールを具体的に教えてもらう。
  • 場面ごと、時間ごとにどうすればいいかを現実的なことをチェックしておく

 

仕事を上手く勧めるコツを覚える

 

スケジュール管理をする様に意識する

 

『発達障害』(アスペルガー症候群、ADHDなど)の場合、忘れっぽくて先延ばしをする傾向があり、その結果として仕事、そして物事に対する優先順位がつけられません。

 

 

その結果締め切りが守れなかったり約束を破ってしまったりすることがあります。

 

 

予防したり、防止するには、スケジュール管理のクセをつけることです。スケジュールにはその日、その週、更にはその月にやるべきことを書き、蛍光ペンなどで色分けして記憶の定着が確かになるようなどの工夫をします。

 

 

役回りをやりやすくするため、あなた自身専用の手順マニュアルをつくるのも効果的です。僕は自分で仕事しているのですが、こういった所を意識して仕事を進めています。

 

 

『いつ』『どこで』『何を』『いつまでに』『どれだけ』『どうやって』『どこまで』という感じで、実践する業務とその手順をわかりやすくしておきます。

 

 

仕事の途中で席を立つ際には、どこまでやったかわかるように付鬘などを貼ってすぐ理解出来る様に一目瞭然にしておくといいかもしれません。

 

 

やるべき仕事内容に『◎、◯、△、×』の優先順位をつけて書き込み、カラーペンで色別に期限を記しておくのも効果的です。成し遂げたモノは横線で消し、その事実を何度もチェックします。

 

スケジュール管理のコツ

 

  • やるべきことを手帳やカレンダーに書き込む。
  • 物事を順序立てて考えるクセをつける。
  • スケジュールを見やすいところに置き、一日の内に少なくても10回ぐらい繰り返し見る。
  • 重要度を示す。(◎→最優先○→今日中△→今週中 等)
  • やり終えた作業の部分にはチェックマーク
  • 何かできて、更には何かできなかったかを、その日に確認

自分の特性を受け入れ、客観的に自分を判断していく

『発達障害』(アスペルガー症候群、ADHDなど)を『発達アンバランス症候群』と呼ぶ考え方があります。決して『障害』ではなく、人によって、協力してもらったり、自分で意識する事で社会生活は可能であるという考え方です。

 

 

発達障害の人は、まず自分を受け入れ、認めることが重要だと言えます。

 

 

子ども時代に親や教師から叱咤激励され、受け入れられずに過ごした経験から、うつ病をはじめとして、不安障害などの各種の依存症などの合併症を引き起こす人がたくさんいるそうです。

 

 

定型発達児に比べ、ストレスに対しての抵抗力が低いので緊張、更にはプレッシャーに弱い傾向にあります。

 

 

ですので、他人に否定されたり冷たく扱われたりすると、強いおびえを感じ、依存症などの合併症になってしまうのです。ですから、本人は当然のことで、家族、そして周囲の人などにアスペルガーやADHDなどの『発達障害』であることを受容してもらうことが必要なのです。

 

『依存症7日間短期改善プログラム』をお勧めします。

『依存症7日間短期改善プログラム』では日々の解決の仕方、少しの間でも出来る解決法もしっかりと書かれているので、気軽に取り組む事が出来るのでお勧めです。

依存は根本的な部分(なぜ依存するのか?)を解決しないと、『依存するモノ』が変わるだけです。
根本的なものが改善できないのであれば、『アルコール依存症』が『ギャンブル依存症』になり、『ギャンブル依存症』が『買い物依存症』になるというだけです。依存するモノが変化するだけであり、根本的な改善が出来ていないという事になります。
  • 精神科などのケミカルな薬で調節したくない。
  • 根本的な部分を治して、依存しない精神力を付けて日々を暮らしたい。
  • 分かっているけど辞められないし、こんな自分が嫌になる。

僕はプロフに書いていますが、重度の依存症でした^^;。

今、記事を書いている時に思い出すくらいで、全く依存物に対しての気持ちがありませんので、根本的な改善が出来てると言ってもいいと思います。

ぜひ根本的な改善をしてください。全ての依存症で悩んでいる方にお勧めしたい気持ちです。

依存症 キッカケ


 

依存症 改善 自分

依存症 改善 パートナー

関連ページ

アスペルガー症候群なのかを自分で調べる方法
【まずはチェック!】自分がアスペルガー症候群かどうかを調べるチェックシートです。自分がアスペルガー症候群なのかが大体チェック出来ます。
アスペルガー症候群とはどういった病気?|症状や行動パターンなど
アスペルガー症候群について、どういった症状や特性があるのかを調べています。
ADHDとアスペルガー症候群の違い|行動などに僅かな違いがあります
ADHDとアスペルガー症候群の『共通点』と『相違点』についての記事です。
発達障害は遺伝する?特徴とADHDについての基礎知識
大人の発達障害の殆どがADHDと言われているのですが、ADHDの人はどういった人を言うのか?という部分について調べています。また、発達障害と遺伝の関係などについても書いています。
女性が抱える発達障害、月経前不機嫌症候群について
女性の発達障害は深刻で、生理などのホルモンの関係で男性とは違う苦しみがあります。
色々な発達障害について|発達障害の種類など
発達障害の代表的なモノ以外のモノも調べています。原因などについても調べています。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート2】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
女性の発達障害の人の特徴|どういった部分がダメなのか?
【パート3は女性です】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴4|どういった部分がダメなのか?
【パート4】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴5|どういった部分がダメなのか?
【パート5】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害の人の特徴6|どういった部分がダメなのか?
【パート6】発達障害(アスペルガー症候群、ADHDなど)の人の行動や特徴などを説明します。
発達障害が引き起こす合併症の種類について
大人の発達障害の場合、依存症などの各種合併症を引き起こす可能性が高いです。
発達障害が引き起こす、睡眠障害と様々な依存症について
発達障害が原因で、色々な依存症になる、または睡眠障害で悩む方が多いのですが、そういったところについて調べています。
発達障害はカミングアウトするべき?社会の適応の仕方と、パニックになった時の対処
発達障害は理解されにくい症状ですが、相手にカミングアウトする方がいいのか?メリットやデメリット、またパニックになった時の対策など。
女性のアスペルガー症候群の悩み|男性の発達障害の違いとパニック
女性のアスペルガー症候群の場合、女性にしか分からない悩みがあり、周囲が理解してくれない状況があります。
発達障害で自己否定を強く感じる時、家族で取り組める事など
自己否定が強くなるのも発達障害の特徴です。家族で出来ることなどを確認して取り組める様にする方法。
大人のADHDの症状、その対処法など
大人のADHDの症状と、その対処法等について調べています。
学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害についての特徴やそれぞれの問題点
発達障害の1つとして学習障害、限局性学習症、広汎性発達障害というものがあります。
『自閉スペクトラム症』について|症状の特徴や、対応策など
発達障害には『自閉スペクトラム症』というものがあるのですが、特徴を理解して改善する事で、日常生活がしやすくなっていきます。
パニック症候群の方の症状、日常生活の暮らし方など
パニック症候群という症状は、突然息ができなくなったりしてツラい症状です。その改善の仕方とか、意識を持つ部分などについて。