男性更年期障害 うつ病 違い

MENU

うつ病と似てる男性更年期障害、性機能の減退に悩んだら

 

産後 アソコ 黒ずみ

はじめまして、トオルです。

 

僕も40代に近づいている歳になり、朝起ちが緩くなったり勃起力が下がってきました。。。

 

 

性機能の減退の殆どが男性更年期障害だと言われています。バイアグラを飲む前に、体の内部の男性ホルモンを増やすことが最も解決の近道です^^。

 

男性ホルモンを増やす、成長ホルモンを増やす、最もいい方法、それは『サプリメントの服用』です。勃起を全くしない男性更年期障害が進んだ男性と、勃起はするけど性機能が減退している(朝起ちしない、中折れなど)男性ではオススメするサプリメントが違いますので注意が必要です^^。

 

>>勃起を全くしない男性オススメ、男性更年期障害改善サプリメント

 

>>勃起はするが、朝起ち、中折れなどが悩みの男性更年期障害改善サプリメント

 

根本的に改善しないと男性更年期障害はヤバいかも^^;

 

『勃ちが悪いから、なんかサプリメントかバイアグラ、、、』って感じで色々と調べると男性更年期障害という言葉を知りました。しかも結構『うつ病と症状が似ている、、、』というショックな事実。

 

 

勃ちが悪いというだけで簡単にイメージして、適当にバイアグラなんかを飲んでいると40代とかになるともっと大変な状況になるかもという不安が出てきました^^;

 

 

で、結局色々調べると、自分が『典型的な男性更年期障害の症状』という事が判明。朝起ちが悪い、、とか簡単なもんでも無かったんですね^^;

 

 

加齢による勃起障害(中折、朝起ちがしないなど)は、ほとんどが男性更年期障害が原因と言われているようです。ですので、病院での治療よりも男性の精力剤などのサプリメントを服用する方が効果がある。

 

 

実際、私もサプリメントを服用することで改善することが出来ました。

 

男性更年期障害は勃起サプリを試す

 

男性更年期障害の場合はペニス増大サプリメントか精力剤サプリメントを試すことをオススメします。うつ病と症状が似ているのですが、朝起ちがしなくなった、、、と思ったのであれば、まずは男性更年期障害を疑うべきです。

 

 

不元気症候群という僕達の年代では結構注目される症状があります。これは男性ホルモンの低下によるものです。男性ホルモンが減ると勃起、朝起ちがしなくなります。

 

 

急激な男性ホルモンの低下で以下のように症状になるのですが、思い当たるフシはありますか?

 

  • ヤル気が全く出ない、、
  • いつも何かにイライラしている、、、
  • 常に不安な状態が続いている、、、
  • 食欲がない、、、
  • 疲れが取れない、、、
  • 体がダルい、、、
  • 筋肉痛になる、、、
  • 朝起ちをしなくなった、、、
  • 勃起が出来ない、、、

 

 

こういった現象が続くと、うつ病なのか男性更年期障害なのか、、、という不安があると思います。でも、ほとんどの場合男性ホルモンの急激な現象が原因だと言われています。

 

 

うつ病の合併症としてEDなどの症状がありますが、ほとんどの場合、上記の様な症状は30代を過ぎた頃から大から少なかれ男性は経験してきます。そして、これは女性で言う所の更年期障害と症状が似ています。うつ病などにも似ています。

 

 

更年期というのは、女性の閉経の時期を中心に考えられているものです。閉経は平均50歳と言われています。ですので、45~55歳の期間を更年期と言います。

 

 

勃起障害などで代表される男性更年期障害というのは、大体30代後半とかから起こる為更年期に当たらないことからLOH(ロー)症候群とか不元気症候群とか言われています。

 

 

うつ病と非常に似た症状ですので、病院に言っても『うつ病ではありません』という事を言われるために、どういった治療法が具体的にあるのかを知ることは難しかったりします。

 

ペニスに関する(勃起など)悩み

 

僕は男性更年期障害というのを知らなかったのですが、下(シモ)の心配をするようになりました。

 

  • 勃起力が下がってきた
  • 興奮しているけどギンギンに勃たない
  • 朝起ちをしなくなった
  • 中折れを良くする
  • 射精が気持ちよくない、、

 

 

こういったことが結構あり、バイアグラなどを購入しようと思って色々と調べている内に、自分の症状は男性更年期障害の典型的な症状だという事を知ったのです。

 

 

男性更年期障害とうつ病が似ていると言われますが、僕の場合が勃起というかペニスに関連する事が先行でしたので、それを改善したかったのです。

 

 

バイアグラは薬品ですのでセックスの度に必要ですが、男性更年期障害からくるペニスの悩みであれば、サプリメントを飲むことで内側から男性ホルモンを増やすことになります。結果的には総合的に長期的に見ても精力剤(男性ホルモンを増やす)がベストだと気付きました。

 

 

そして、男性更年期障害の勃起障害以外の症状ですが、例えば疲れているとか、眠れないとか、そういった部分というのも大なり小なり感じている症状だったのです。ですので、自分が『勃ちが悪いだけ』と思っている症状というのは全て男性更年期障害から来るものという事も分かりました。

 

 

ということは、、、やっぱり30代後半でこういった症状が出てくるのですから、この先もっと男性更年期障害の症状が増える可能性もある!!ということが分かります(笑)

 

 

ですので、やっぱりバイアグラとかに頼るのではなく『男性更年期障害自体を解消する努力』をしたほうが、コレから歳を重ねるにおいては良さそうです。勃起障害以外の男性更年期障害の症状が出ると凄く辛いと思います。

 

 

うつ病でないのに男性更年期障害の症状にかかると、うつ病と同様な状況になるからです。ですので、男性更年期障害の改善をするというのが『勃起障害も改善でき、その他のうつ病に似た症状も改善出来る』事につながります。

 

男性更年期障害の原因

 

男性更年期障害の原因は男性ホルモンの低下(アンドロゲン)によって起こります。男性ホルモンの事をアンドロゲンと言います。アンドロゲンにはテストステロンとDHRAがあります。

 

 

テストステロンとDHEAの総称をアンドロゲンと言います。

 

 

このアンドロゲン(テストステロンとDHEA)が下がることにより男性更年期障害と呼ばれる症状が起こってきます。症状はうつ病と同様です。また女性の更年期障害などと似ています。

 

 

男性にしても女性にしても生きていく上では、それぞれのホルモン分泌が大事という事が分かりますよね^^;このホルモンが崩れるのですから、生活にヤル気がない、人生にヤル気がない、、という風になる。

 

 

ヤル気が無くなるとかがうつ病と同じですので、男性更年期障害とうつ病が同様レベルで考えられる訳ですが、大きな違い、男性更年期障害の特徴として性機能の著しい低下があります。

 

 

うつ病では起こらない性機能の低下(勃起障害、朝起ちがしなくなったなど)が起こるのが男性更年期障害と呼ばれるものです。

 

 

僕のように『朝起ちがしなくなった』ということから入れるとすんなりとサプリに行くことが出来ますが、当然ですが体質や環境によっては『ヤル気が出ない』『不眠が続く』などの症状も並行して出てくる場合があります。

 

 

今の自分の症状自体を理解していないけど、何かが違うかも、、、という思いをもって生活している方も多くいるということですね^^;

 

 

男性更年期障害の原因は、男性ホルモンのアンドロゲン(テストステロンとDHEA)が減少することです。女性の更年期障害との違いは閉経が男性には無いので、女性のようにエストロゲン(女性ホルモン)が急激に無くならない為に症状が緩やかな所です。

 

 

つまり、女性の様に急激に閉経とともに変わるのではなく、加齢によって緩やかに変化するんですね。この症状が現れる年代も、仕事のストレス、生活習慣、睡眠時間などによってバラバラです。

 

 

閉経という基準が無いので、自分自身が分からないんですよね。

 

 

そして、次第に『最近勃ちが悪いな、、、』と感じ始める。。。自覚症状が女性の更年期障害ほどないので、正直あまり分からないんですね(笑)

 

 

つまり、自分である程度自覚する必要があるという事になります。

 

 

男性更年期障害の一番の特徴は『朝起ち』をしているかどうか。

 

男性更年期障害の一番の特徴は『朝起ち』です。最近朝起ちが無くなった、、、という男性は男性更年期障害の予備軍ですね^^;

 

 

僕自身、中折れ、セックスでも勃たないという事を経験したのですが、よくよく考えると朝起ちが無い日が多いということを気付いたんですね^^;

 

 

ですので、性機能の減退を感じる方は男性更年期障害の可能性が高いという事を認識しておくといいと思います。

 

男性更年期障害の解決方法はサプリを飲むこと

 

男性更年期障害の症状として、一番顕著に出るのは性機能の減退です。僕のように最初、この部分だけが出てる人は体内の男性ホルモンを増やすことで殆どが改善できます。

 

 

閉経がない分、男性更年期障害の原因のアンドロゲン(テストステロンとDHEA)の減少は緩やかですので男性の場合、気付く事があまりない事が多いですが、、、

 

 

  • 朝起ちがなくなってきた
  • セックスの時気持ちが良くない
  • 気持ちは高ぶっているが中折れを頻繁にする
  • イキにくい
  • ギンギンにならない

 

こういった事がよく起こる方はまずは男性ホルモンを増やすという事を意識していきましょう。男性ホルモンを増やすことで勃起力、そして男性更年期障害の症状を改善出来ます。

 

 

まず、バイアグラに頼ったり、うつ病の病院に行く前に男性ホルモンの増加、アンドロゲン(テストステロンとDHEA)を増やすことを意識してみてはいかがでしょうか。

 

男性更年期障害を改善するのに最適なサプリメントって何?

 

男性更年期障害の性機能の減退を改善するには男性ホルモンの増大が一番ですが、その男性更年期障害を改善するために最適なサプリメントはどういったものがいいのか?

 

 

それは、男性更年期障害症状の進み具合によって変わります。それは勃起力ですね。

 

  • 全く勃起しない、勃起出来ない男性・・・・勃起不全改善サプリメント
  • 勃起はするが、朝起ち、中折れなどがある男性・・・ペニス増大サプリメント

 

 

この様になると思います。

 

 

ペニス増大サプリメントというのは

 

  • シトルリン中心型サプリ(単成分依存型)
  • 多成分配合総合型ペニス増大サプリメント

 

というのがありますが、男性更年期障害に最適な物は多成分配合総合型ペニス増大サプリメントです。

 

 

多成分配合総合型ペニス増大サプリメントはサプリメントによって思春期並に体内の男性ホルモンを増やす為に、GHリリーザー理論によって男性ホルモン、成長ホルモンを分泌させる様に多成分をトータルで含んでいます。

 

 

GHリリーザーというのは、成分名ではなく栄養素の総称です。アルギニン、亜鉛など勃起力を高めたり、成長ホルモンの分泌を加速する為に必要な成分のことです。GHリリーザーを摂ることで、成長ホルモンを成人並みに増やすことが可能だからです。

 

 

GHリリーザーを含むのはペニス増大サプリメントの多成分配合総合型ペニス増大サプリメントが一番です。ですので、男性ホルモン、成長ホルモンの分泌を高める男性更年期障害には最適なサプリメントになるのです。

 

 

  • 精力、勃起力が上がる
  • 筋力のアップ(男性更年期障害は筋力が下がる)
  • ポジティブな精神状態を作る
  • 心身の若返りが期待できる

 

 

アンドロゲン(テストステロンとDHEA)を増やし、成長ホルモンの分泌を促すことでペニスに血流を入れ込み、そして様々な栄養からペニス増大をはかるのがペニス増大サプリメントの中でも、多成分配合総合型ペニス増大サプリメントと呼ばれるものです。

 

 

しかし、勃起を全くしないという位進んでいる方がペニス増大サプリメントを飲んでも意味がありませんので、そういった方は勃起不全用のサプリがいいですが、ぼくたちの様に若い場合はペニス増大サプリメントを飲めば、男性更年期障害の症状を改善する成分は最も多くなる為に、ペニスの増大と男性更年期障害の性機能減退が一緒に改善出来ます。

 

 

>>勃起を全くしない男性オススメ、男性更年期障害改善サプリメント

 

>>勃起はするが、朝起ち、中折れなどが悩みの男性更年期障害改善サプリメント